【心電図と看護】房室ブロックの波形ついて循環器ナースが解説!【図解あり】

どうも~看護師バックパッカーのカサイチカ@chi___zです

きょうは房室ブロックについて解説していきまーす!

房室ブロックって難しいイメージありませんか?

えっと…同感です。笑

 

房室ブロックってまとめてるけど、いろんな種類があるんですよね。

それがなかなか乗り越えられない原因だと思います。

でもⅠ度とⅢ度房室ブロックは、おもったよりも覚えやすいんですよ!

そして、この不整脈では「看護の力」が必要になります。

心電図を理解するだけじゃなくて、看護師に必要な関わりを知ってアセスメント力を上げていきましょう〜!

房室ブロックの心電図を解説

SSSは刺激伝導が心房▶︎心室の間で伝わりにくいタイプの不整脈です。

その3つをまとめた総称がSSSなんですね。

ひとつずつ説明するけど、そのまえに

まずは不整脈を理解しやすいように、正常な洞調律(サイナス)を振り返ってみましょう〜

正常な心電図

これは基礎中に基礎だから国家試験にも出るし、学生のうちに叩き込まれたと思います。

洞結節▶︎房室結節▶︎ヒス束▶︎右脚・左脚▶︎プルキンエ繊維

の流れですね。

PQRSTが一定のリズムで現れている、この形が正常な脈(洞調律)です。

 

Ⅰ度房室ブロック

Ⅰ度房室ブロックは、「心房▶︎心室」の伝達が遅れる不整脈です。

本来のタイミングよりは遅いけど、PにつづいてQRSは出現します。

どれくらい遅かったらダメなの?

わかりやすいのが心電図の記録用紙のマス1つ分伸びてたらⅠ度房室ブロックと判断できるよ!

ちなみに1マス0.2秒だよ!

 

 

Ⅱ度房室ブロック

Ⅱ度房室ブロックは3種類あります。

(頭ごちゃごちゃになりそうだったら、ひとつずつ見てね!)

 

ウェッケンバッハ

【波形の特徴】

P-Pのリズムは一定なんだけど、QRSがだんだん遅れてきて、脱落する。

逆を言えば、毎回脱落するんじゃなくて、何拍に1度だけなんですね。

 

モビッツⅡ型

【特徴】

・P派のリズムは一定

・P+QRSの反応があったのに、突然QRSが脱落する。

・ウエッケンバッハのように予兆がない。

 

モビッツⅡ型は、ウエッケンバッハと比べて高度房室ブロック、完全房室ブロックに移行しやすいので危険度も高いです。

MEMO
どっちがモビッツで、どっちがウエッケンバッハかわからなくなる場合…

・ウエッケンバッハ▶︎名前が長い→長い→伸びる→P-QRSが伸びる

・モビッツ▶︎名前短い→長くない→伸びない

と覚えましょう。笑

 

高度房室ブロック

高度房室ブロックは、モビッツⅡ型の重症なタイプ。

P派は出ているのに、QRSが出現しないんです。

モビッツなのでP-Qは伸びなくていきなり欠落します。

2:1だけじゃなくて、連続してQRSが出ないこともあります。

これは心拍数が少ないってことを意味するよ!=キケン!!!!!

 

Ⅲ度房室ブロック(完全房室ブロック)

Ⅲ度房室ブロックは、別名があって「完全房室ブロック」ともいいます。

わたしの病院ではコンプリートとも言ってました。

ややこしくて頭からケムリ出そうだけど、心電図の波形自体はめっちゃ簡単なので安心してね!

【特徴】

Ⅲ度はP波とQRSがバラバラで、お互い好き勝手出ている感じです。

でもP-P、R-Rは一定のリズム。

これは心房と心室の伝導が切れている状態です。

心房からの電気刺激のほうがゆっくりなので、心拍数はかなり少なくなります。

看護師が房室ブロックの観察で注意するべきこと

重症度を理解する

まず看護師が知っておくべきことは、それぞれの重症度です。

房室ブロックのなかで緊急性があるものとないものをしっかり理解しましょう。

とくに高度房室ブロックと完全房室ブロックは危険度が高いので、

バイタル測定や12誘導、ドクターへの報告ができるようにイメージしておくことが大切!

 

患者への指導

心拍数が少なくなる房室ブロック(重症度の高いもの)は、失神を起こす可能性があります。

本人の自覚症状や前駆症状を確認して、ひとりで活動していい範囲や動くときの注意点を伝える必要がありますね!

というのも、失神を起こして頭や顔を打ったりするからです。

心房細動も持っていたり、他の疾患がある患者の場合は、血液サラサラ系の内服をしていることもあるので、注意しましょう!!

 

治療方針を知る

高度房室ブロック、完全房室ブロックの場合はペースメーカーが適応になります。

ペースメーカーの埋め込み術の前に「体外式ペースメーカー」を装着する場合もあるので、

ペースメーカーの設定についても勉強しないとね…。

ペースメーカーについては、また別の記事で!

完全房室ブロックの心電図と看護まとめ

房室ブロックは種類がたくさんあって混乱しがちな不整脈です。

理解するまで時間かかっちゃいますよね。汗

詳しい内容は覚えられなくても、まずは「心房から心室までの刺激伝導に異常がある」とだけ知っておこう!

👆この絵なかなかわかりやすいと思うんだけど、どう?笑(自画自賛)

 

でも種類によっては危険度が高いので、患者の体を守るための言葉がけが必要です。

もしペースメーカーを入れるにしても、それまでケガなく過ごせるように指導を忘れずに!

 

ということでカサイチカでしたー!

わからなことがあったらいつでも質問くださーい!

 

ほかの不整脈の解説や、覚えるコツについてはコチラ👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です