経験者が語る「ワーホリ・旅に行きたい!」を現実するために必要なことまとめ

どうも看護師バックパッカーのカサイチカです

いつかワーキングホリデーやバックパッカーで海外に行きたいな〜っていうあなた!

行ってみたいけど、何からすればいいかわからない…っておもってませんか?

(わたしはめっちゃ思ってたよ…!)

そのためにすることはたくさんあります。

でも、そんなにたくさんはありません。笑

やりたいことへ進む第一歩は、自分がするべきことをピックアップすることです。

この記事では出発までにやらないといけないことをまとめて書いてます〜。

たくさんあるので、直前で焦らないようにコツコツすすめましょうね!

わたしはワーホリと旅を同時に始めたので、この記事では両方書いていくよー!

ワーホリ・旅をするためにやること

貯金

言わずもがな。

これがなければ何もできません。

世の中には「無銭旅」といってお金を持たないで旅をする人もいるんですけど、わたしはオススメしません。マジで。

というのもお金で守れるものもあるからです。

病気やケガしたときの治療費や保険はお金がないと解決しません。

たとえ食事は奢ってもらって生きるスタイルだとしても、何かあったときのお金くらいは必要です。

 

そして貧乏は心の余裕をなくします。

気持ち的に余裕がないと、旅や海外生活を楽しむ余裕もなくなります。

これは本末転倒。

楽しみたいならお金は貯めておきましょう。

具体的にかかった費用についてはコチラの記事にまとめてます👇

旅の費用はどれくらい?旅別でかかった費用をまとめてみました!

 

あと仕事をやめたあとに来る住民税はえげつないです。

これを計算して貯金しないとマジで痛い目にあいます…。

住民税は収入や、仕事を退職したタイミングによって変わるんだけど、普通に10万くらい請求される可能性もあります。

退職後の住民税や年金について詳しく書いている記事はコチラ👇

看護師がバックパッカーとして旅する前に絶対必要なたったひとつのこと

 

大まかな予定を立てる

貯金とやりたいことをまとめて、大まかな予定を立てましょう。

行きたい国がたくさんあるのに貯金が30万しかなかったら貯金をつくる日数が必要です。

逆に貯金が200万あってあとは行動するだけなら、日程を組んじゃいましょう。

 

職場にやめることを伝える

仕事内容にもよるけど、急に辞めれないところもありますよね。

大まかに立てた日程に沿って、辞めたい日を決めて職場のひとと話し合いです。

正社員だとなかなか辞めせてくれないし、ドキドキするよね…!

ガンバレ!

 

家族や周りのひとに伝える

自分の親や兄弟、恋人、ともだち…まわりの親しいひとに伝えましょう。

色んなひとに伝えることで言霊になって、より現実味がマシマシです。

たとえ反対されたとしても、本当にやりたいことはやるべきなので話し合いつつ押し切りましょう。笑

親に反対されたときの対処法はコチラの記事にまとめてます👇

【親に海外行くの止められた】その意外すぎる理由と効果的な説得方法とは!?

 

歯医者へ行く

長期で日本を離れる場合は必ず歯医者に行きましょう。

というのも、海外で歯医者に行くとかなり高額になるからです。

日本にいても「虫歯ができたから歯医者へ行く」より、「虫歯ができてないか定期検診する」ほうがいいですよね。

虫歯が見つかって治療できる期間を考えて、保険がきいているうちに受診しましょう!

 

パスポートをとる

海外に行くなら必須!パスポートをとりましょう!

これがないと国外に行けないよ。

5年と10年があるので自分の人生計画を考えてみてね。

 

国際免許証をとる

免許を持っているひとは、準備しといたほうがいいです。

たしか2000円前後です。

でも有効期限が1年間だから、早くとっちゃうと海外にいる間に期限が切れちゃうのでギリギリのほうがいいよ!

 

海外保険を決めて加入

海外にいる間の保険を決めて加入しましょう。

と言っても今わたしはクレジットカードの利用付帯で旅してますが…。

節約する方法はいろいろありますが、お金で買える安心もあるので入ってもいいと思う!

 

退職後、出発直前は役所で手続き

仕事を退職したらハローワークに行っていろんな手続きをします。

雇用保険の手当をうけとるかなど、考えておいてください。

 

そして出発直前は役所で海外転出届を出して手続きします。

このとき住民票を抜くかどうかで手続きの内容が変わってきますので、考えておきましょう!

住民票を抜くメリットデメリットはたくさんあるんですが、長期だと抜いたほうが節約できていいと思う!

詳しくはコチラの記事に書いてます👇

【ワーホリ・旅】住民票は抜く?抜かない?抜いた方がいいと状況と理由

 

ワーホリ前にすること

ワーホリに行く国を決める

ワーキングホリデー、通称ワーホリで日本人がいける国は21カ国あります。

その中でもハードルの低く行きやすい国もあれば、まだまだ情報の少ないハードル高めな国もあります。

オーストラリアやカナダ、ニュージーランドは英語圏で情報もたくさんあるので行きやすいですね。

イギリスは英語圏でも人数制限があるから難しいなど、いろいろあるよ。

自分のやりたいことが最大限にできる国を探してみよう!

詳しい内容はコチラ👇

ワーキングホリデーってなに?日本人が外国に住める21ヵ国のこと

 

エージェントを使うか決める

ワーホリに行くときエージェントを使うかというのが永遠の話題ですね。笑

わたしは1回目のワーホリではエージェントのようなものを使ったけど、2回目は使いませんでした。

実際使うと心強いし、代理で手続きしてくれるので楽なんですが、ぶっちゃけなくてもいいです。

めんどくさいことはいっぱいあるから、初めての人は使ってみてもいいかも!

ただし、お金かける必要はないと思う。有料だと損する可能性大。

 

語学学校に行くか決める

ワーホリに行くとしても最低限行く国の言語を話せないと困ります。

なので語学学校で勉強してから、バイトしたりするひとが多いですね。

英語ならなんとなくわかるにしても、英語圏以外だったらチンプンカンプンじゃない…?

もし英語のワーホリに行くなら、ワーホリ前にフィリピンやフィジーで語学留学するのがオススメ!

オススメというか、いまのワーホリでは王道ですね。

前はワーホリに行って語学学校通いながらホームステイがメジャーだったけど、時代はかわりました。

エージェントでそのスタイルを推してくるところもあるけど、費用を抑えたいなら断ろう!笑

 

ビザをとる

行く国を決めたらビザをとります。

エージェントが代行してくれるところもありますが、もし有料だったら自分でやってみましょう!

というか、ここでお金を払うくらいだったら節約して現地で楽しんだほうがいいの思う…。

ネットで申請するのがほとんどだけど、申請の方法もたくさん情報載ってるからね!

バックパッカーが旅の前にすること

行きたいところをピックアップ

国内にしても、海外にしても、行きたいところってたくさんありますよね!

行きたいところは全部行くつもりでピックアップしよう!

そして期間やお金と相談しつつ、予定を組む。

 

ルートを決める

行きたいところをピックアップしたら、ルートを決めます。

どうやったら効率よくまわれるか、考えるとワクワクするよね!
(わたしはあんまりしないタイプだけどw)

 

予防接種

行く国によっては予防接種が必要なところもあるよ!

ちなみに、予防接種はタイですると安いって旅人界では有名で、最初の国をタイにするのもアリだね。

 

旅に便利なアプリを準備

海外旅する場合は、いつでもスマートフォンが使えるとは限らないです。

WiFiを探すか、SIMを入れてじゃないとオンラインにならないから、必要そうなアプリは事前に入れておこう。

とくにマップはオフラインで使えるものがあると安心!

 

スマートフォンをSIMフリーにする

絶対じゃないけど、SIMフリーにしておいたほうがいいです。

気に入った国に長期滞在するときなんかは、現地のSIMをいれておくほうが便利だからね!

 

ワーホリ・旅に行く前に必要なことまとめ

ワーホリや旅に行くときは準備がたくさんあって大変です。

でもやりたいことに向かって動き出すのはワクワクしますよね!

いま必要なことをまとめたんですけど、本当に一番大切なのは情報です。

知ってると知らないでは180度変わってくるんですよね。

いろんな人のブログをみていると、ガイドブックには載ってない町が紹介されていたりします。

ほかにも意外な節約方法や、超使えるアプリが知れたりするよ!

やることはいっぱいあるから、一個ずつ片付けていけばあっという間に終わるので、現実化させるためにがんばってください!

ということでカサイチカでしたー!

 

海外に行くために一気にお金を稼ぎたい!という看護師はコチラをどうぞ〜

わたしもお世話になっている派遣サイトだよ〜

看護師でも自由に働ける。派遣のしくみとおすすめサイト2選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です