深夜勤前眠れない。夜勤で睡眠リズムが狂っているときの神アイテムふたつ!

 

夜勤前は寝ておきたいのに眠れないし、起きれない。

 

どもー、カサイチカ@chi___zです。

 

夜勤前はなるべく寝ておきたいけど、なかなか寝付けない。

そして毎日おきるのは辛い。

 

夜勤をしてたら生活は不規則になるし、「睡眠リズム?は?なにそれ美味しいの?」って感じじゃないですか。

寝るのも、起きるのもツライ看護師は絶対多いはず!

(慢性的な寝不足はイライラを呼びよせるし…)

ここでは「睡眠剤飲めばどうにかなるよ!」というんじゃなくて、なるべく自分で睡眠コントロールをつける方法をお話するよ!

わたしも睡眠薬飲んでたけど、飲まなくていいなら飲みたくはないよね。

タイトルでネタバレしてるんだけど、起きるための救世主は光目覚ましです。

そして、そのサポートとして、遮光カーテンやらいろいろ…

早速紹介していくね!

睡眠リズムを作るには光目覚ましだ!

シフト制の大変なところは、ずっと同じリズムの仕事じゃないことですよね。

夜だけのシフトなら、いくら夜勤でも多少は睡眠リズムも整いやすいのに、日勤をした後にいきなり夜勤です!って言われてもカラダは対応できない。

しかも、ヒトの睡眠リズムには光がおおきく影響しているじゃないですか。

明るいうちに寝て、暗いなか起きるのはカラダの仕組みと反対なことをしてるわけですよ!

 

だから、せめて光のコントロールだけでも自分でコントロールしちゃおう!って話です。

必要なもの

①光目覚まし

②遮光カーテン

まず準備するものはこのふたつ。

 

光目覚ましってなに?

光目覚ましは名前のとおり光で起きる目覚まし。太陽とおなじような光を当てることで、すっきり起きるためのアイテムだよ!

音で起きるものとは違って脳もカラダも目がさめる仕組みになってるの。

体内時計をリセットする役割もあるのね!

 

遮光カーテンはどんなもの?

遮光カーテンは、ふつうのカーテンよりも太陽の光をブロックしてくれるもの!

昼間でも遮光カーテンだったら部屋は真っ暗になるの。

 

ということで、この光をコントロールする2つのアイテムで体内時計も調節しちゃおう!

光目覚ましオススメの2つ!

inti4

メディアでも取り上げられている光目覚ましのinti4(インティフォー)

この光目覚ましをつくった方も睡眠障害とずーっと戦っていて、乗り越えるために開発してつくったのがこれです。

このinti4はあたらしい改良版だけどね。

【特徴】

・見た目がスタイリッシュ!

・全額返金保証付(うれしー!)

・光の明るさ!(2500ルクス)

・操作が簡単

 

ちなみに大きさは、高さ15cm 幅12cm 重さ300g

角度も変えられるからベッド付近において、自分の顔の方向に調整できるので「光ってても遠い…」ってことがないんだよね!

光の明るさ2500ルクスってどれくらい?

2500ルクスは朝日と同じくらいの明るさだよ!

だから外が暗くても、朝日を浴びてるのと同じくらいの光を感じれるってことです!

しかも、その光が一瞬でつくわけじゃなくて、設定した起きる時間にむけて徐々に明るくなるんだよ〜

実際に使ってみて効果を感じられなかったら、全額返金保証がついてるから安心!

やすい買い物ではないから、全額返金保証があるなら挑戦してみようかなって気持ちになるね!

\全額返金保証がつく公式サイトはコチラ/

インティフォー

 

ブライトアップクロックⅡ

この光目覚ましは起きる時間の90分前に光をだしてノンレム睡眠を作り出しています。

え?どゆこと?

って思いますよね。笑

まずは特徴を!

【特徴】

・プリウェイク機能

・光の強さは最大3000ルクス

・ブルーライトの入ってない蛍光灯を使用

・幅広い照射範囲

 

プリウェイク機能ってなんぞ?

プリウェイク機能は設定した起きる時間の90分前に1~2秒ひかることでレム睡眠を誘発させる機能のこと。

レム睡眠を誘発させると90分後にはスッキリ起きられる計算なんだね!

光は朝日の強さ2500ルクスより明るいよ!離れすぎると光は弱いけど、広範囲で明るくなるから角度がピンポイントじゃなくてもしっかり光を感じられます。

しかもLEDじゃないからプルーライトカットされてて目に優しいのはありがたい!

\公式サイトはコチラ/

ブライトアップクロックⅡ

 

どっちがいいの?

値段は

・inti4 27.700円(税込、送料無料)

・ブライトアップロックⅡ 21.364円(税・送料込み)

安いのはブライトアップロックⅡだけど、inti4は3ヶ月の全額返金保証がついてるから、ちょっと高いけどinti4のほうがおトクですね!

 

大きさ・持ち運びは

inti4は小さいから持ち運びも簡単で使いやすい!

ブライトアップロックⅡは大きいから持ち運びには向いてないね。でも大きいし、光が強いから捨てがたい。

 

結論、どっちもメリットデメリットがあるからオススメなんだけど、私はinti4のほうが賢い買い物だと思います。

だって合わないとおもったら3ヶ月まで返金無料はおおきいでしょ!

しっかり使い心地を確かめてから長期で使いたいですよね。

 

あ、あとブライトアップクロックⅡはLEDじゃないから蛍光灯交換が必要なのはちょっと面倒かも…。

 

\全額返金保証がつく公式サイトはコチラ/

インティフォー

眠れない時は遮光カーテンで光をブロックせよ!

明るくても眠れるひとと、豆電気でも眠れないひと、それぞれいますよね。

夜勤で睡眠リズムが崩れているときは外が明るくてもあえて部屋を暗めにしているほうが、カラダが勘違いしてくれます。

ということで遮光カーテンでコントロールしてみよう!

遮光カーテンはその名のとおり、光をブロックして部屋を暗くするカーテンですね。

 

遮光カーテンのレベル

遮光カーテンにはレベルがあります。

1級:光をほとんど通さなく真っ暗になる

2級:強い光は遮断して、暗くなりすぎにはならない

3級:ヒトの表情はわかるが、作業はできない

睡眠リズムをコントロールするために光もつかうなら、1級か2級がいいですよ!

(http://blog.livedoor.jp/sandkdilight-katen/archives/1003331343.htmlより)

逆に日勤で朝起きる場合はカーテンを少しあけて朝日の光が入るようにしておかないと起きるのがツラくなっちゃいます。

光目覚ましをつかってもいいけど、自然の光で部屋全体が明るくなる方が効果的だからね!

 

👇オーダーメイドで遮光カーテンを注文できるサイトはコチラ



夜勤前に眠れない、睡眠コントロールのまとめ

睡眠には光が大きく関係しているけど、夜勤だったそんなことも言ってられないのが現状。

夜に起きなきゃいけないのに、無理!と思っていたあなたも、光目覚ましと遮光カーテンで、光をコントロールしてみたらいいかも!

夜勤中に眠くて判断力が鈍ったり、言われたことを忘れちゃうくらい眠気でボーッとしたり、怖いですよね。

できるなら夜勤前はしっかり眠りたいし、スッキリ起きたい。

明るいなか頑張って眠ろうとして焦ると、余計眠れなくなっちゃうじゃないですか💦

できるだけ寝る時は暗く、起きる時は明るくしてみませんか?

光目覚ましと遮光カーテンを使ったら夜勤でも今までよりは光のコントロールができて、スッキリ仕事にむかえますよ!

ミスが許されない仕事だからこそ、スッキリ起きてしごとに行きましょう〜!

 

ちなみに、ラベンダーのエッセンスを使ったり、眠れるα波の音を使ってみると気持ち効果的ですよ( ´ ▽ ` )ノ

 

ということで、カサイチカ@chi___zでしたー!

 

\全額返金保証がつく公式サイトはコチラ/

インティフォー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です