\\看護師なのにできるノーストレスな働き方はコチラ//

看護師は性格が悪くなる?わかってるのにイライラしちゃう理由と対処法

はろー!カサイチカです。

こんなに性格悪くて、よく看護師してるな!って思う人に出会ったことありません?

ちょっとしたミスなのに、大声で言いふらしたり、詰め寄ったり、口を開けば悪口ばっかり。

そんな先輩と同じシフトだったらテンションだだ下がりですよね…。

新人からすると世も末だなと感じるかもしれないけど、言わせて欲しい。

その先輩も最初からそんな人じゃなかったかもしれないの。

そして、あなたもそんな風に性格が変わっちゃう可能性がゼロじゃないって知って欲しい。

そして、その理由がわかればその先輩への対処法のヒントになります。

あなたが少しでもいい職場で働けるように看護師の心境の変化についてお話します。

看護師になってから性格が豹変ってあるある?

悲しいニュースです。

看護師になったら性格が変わることは珍しくありません。

先に謝っておきます。

新人や学生のみなさんごめんなさい(土下座)

 

そうなんです。

看護師になると性格がキツくなったり、イライラしちゃったり、変わってしまうことがある。

全員じゃないにしても、どうしてもそうゆう変化が起きるひとはいるし、もしかしたらあなたも例外じゃないかもしれない。

それには理由があるから説明するね。

慢性的な寝不足はイライラしやすくなる

病棟ナースは夜勤をしていることが多いですよね。

睡眠のタイミングがバラバラだと、生活リズムが崩れて「常に眠たい」「疲れが取れてない」ってことにつながります。

そもそも、なぜ睡眠は必要なの?

それは次の日の活力を作るため。

しっかり寝ないと脳機能が低下して、正常な判断ができなくなるんです。

よく、夜勤明けは酔っ払っているとき同じくらい判断能力が下がっていると言います。

常に疲れている状態が続くと、イライラしやすくなってちょっとしたことで感情的に…。

夜勤を始めてから怒りっぽくなるのは、睡眠不足が原因のひとつになります。

酔っ払ってる人がしょーもないことでキレたり、子育て中ママさんが寝不足でしんどいのと同じ状況ってことです。

責任の重い仕事で性格がキツくなる

看護師の仕事は、患者の命が関わる責任の重い仕事です。

なので経験を重ねて任される仕事が増えると、徐々に責任感も高まります。

メンタルが強くないとやっていけない仕事なので、自分の気持ちをどうにか保とうとすることで、いつのまにか「性格がキツくなってる…」なんてことも。

学生のときはこんな性格じゃなかったのにー!って思ってるひとも割りといます。

まわりに影響されて愚痴を言うようになる

口を開けば悪口をいう人っていますよね。

最初は相づちして話を聞いてたけど、聞いているのももう限界…。そんなことを同期にグチってみたら、止まらなくなった!ってこと意外とあるんです。

一度くちに出したら自分の気持ちを知っちゃって、そこから「キライ!」の感情が抑えきれなくなる。

グチを言えば言うほど、いろんな人の話をするようになっちゃって、気がつけば自分がイヤ〜な性格になってたりします。

しかも人間は周りと似てくる習性があって、悪口ばっかり言ってる人の近くにいると自分もそうなってきちゃうんです。

周りに影響されないようにする強い気持ちがないと、類は友を呼ぶになってしまうよ…泣

看護師っていうプライドが高くなってくる

看護師というプライドが悪い方向に働いてる人、あなたの周りにいませんか?

「私はできる看護師だから!」

「誰にも負けないでここまでやってきた!」

「私は辛くても毎日勉強したんだから、あんたもやりなさいよ!」

こんな風に自分のプライドを全面に出して、相手を威嚇したり攻撃的な態度になることがあります。

とくに新人や年下の看護師にはキツイ言葉で注意することが多いですね〜。

【人間心理】なんで悪口を言うのか。

悪口。

それは人間のストレス発散方法のひとつです。

自分の中のストレスやフラストレーションを解消できていないと、悪口を言って解消するのが人間。

普段は理性で抑えられていても、その理性が外れたときに悪口を言って快感を感じるんですね。

「自分が優位に立っていたい」って気持ちが、相手を悪く言うことで現れてると考えていいと思います。

 

そして、なんで悪い人間関係になるかというと…

▶︎悪口を言うと仲間意識が強くなるから
▶︎人はまわりに流されやすいから

5人中1人しか人の悪口を言う人じゃなかったら、居心地悪く感じて離れるけど、

5人中4人が人の悪口を言うと、最後のひとりは流されやすくなっちゃいます。

自分でも気づかないうちに変化しちゃうかも

学生のときや、新人のときは、怖くて絶対近づきたくないって思っていたはずの怖い先輩。

だけど、仕事をしてくうちに自分が気づかないうちに性格が変わっていくこともあります。

もちろん交友関係も変わるし、金銭感覚だって変わってくる。

とくに経験をつんで、教える側の立場になるくらいから新人のころとは違う自分がいるかもしれませんね。

もし周りに悪口やグチばっかり言っているひとがいたら要注意。関係性が近くなってくると、影響されやすいので気をつけてくださいね。

新人のときは自分教える立場になっても絶対優しくしようと思ってても、その時には少しずつ変化しちゃってるかもしれないよ。

心理学的イライラから抜け出す方法

1、違う誰かになりきって、ストレスを逃す

ペルソナペインティングという方法です。

違う誰かになりきることで、その架空の人物がストレスを受けてくれるので、自分は正面から受け止めなくていいんです。

★例えば★

ランニング中に自分は松岡修造だと思い込んで励まし続けると、いつもよりがんばれる。

おしゃれをして出かけたときに石原さとみ気分で行くと、人とぶつかっても笑顔で受け流せる。

 

2、距離の置き方を意識する

ストレスのもとになっている人とは極力関わらない。シャットアウトするのが一番です。

でも聞こえてしまったり、避けられなかったら違うことを考えてみよう!

考えないようにするんじゃなくて、違うことを考えるようにする。ちょっとした違いだけど、脳みそには大きな違いです!

 

3、ありがとうで打ち消す

アンカリングという方法です。

イライラしてても「ありがとう」と呟くと、過去の嬉しかった体験を思い出してイライラが軽減します。

さいごに

看護師の仕事内容からして、イライラは避けられない部分があります。

でもあなただけじゃないし、理由がちゃんとあると分かれば気持ちも楽になりませんかー?

自分だけじゃないんだっていう安心感を感じるだけでイライラは減ります。

原因が分かれば自分でも直す努力はできるしね!

ぜひ、意識してみてください。

 

あなたは石原さとみで、イライラしたときにはありがとう♡ですよ!笑

カサイチカ@chi___zでしたー!

 

   続きを読んでみる▶︎      

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です