【看護師が難しい理由】人間の意思決定できる回数と関係していた!?

「看護師」と「意思決定の回数」が関係している5つの理由

 

どうもchikaです。

 

看護師って、専門職で、経験や勉強量も必要で、一万歩譲っても「簡単」とは言えないよね。

看護師なんて簡単じゃーん!と言われた日にはちゃぶ台ひっくり返す勢いです。

 

じゃあさ、なんで看護師という職業はそんなに大変なの?って話。

 

ーーーーーはい。

もちろんね、答えはひとつじゃないよね。

そんな単純な中身ではないし、働いている環境によって大きく異なる。

 

でも、これだけは言えるってことがあって、

看護師は意思決定の回数が多いうえに、その決定の責任が重たいから大変。

ーということ。

 

その理由は大きく5つあって、それを知ってると判断をミスったり、頭がパンクする回数が減ると思うよ。

断言できないのは、「仕事中の判断」だと経験数がものを言うこともあるから、絶対ではないんだけど。

でも、知ってると知らないでは自分を守れる強さが変わってくるから、看護師しんどいーってひとは参考になると思う。

 

ちょっと疲れたときに読むと「そうゆうことだったのか!」って頭がスッキリするよ!

看護師は仕事中選択肢の数が多い

なにかを決めるとき、選択肢が多ければ多いほど脳みそは疲れます。

たとえば、

しお・みそ・しょうゆの3種類しかないラーメン屋と

和洋中、それにデザートもたくさんあるファミレス

どっちが注文を選ぶのに大変か。

こう比べるとイメージしやすいよね。

看護師の仕事はどちらかというとファミレスだもんね。

 

実際、病院の仕事って大まかな流れは決まっているけど、その日によって細かいことは変わってくるじゃない?

受け持つ患者、疾患、処置、イベント…全部がちがう。

もりだくさんの業務の中から、自分なりに効率よくまわれる流れをイメージしながら、

毎分毎秒どう仕事を進めていこうか考えますよね。

 

やりかたが「こうだ!」と決まっていない仕事は、自分で意思決定を繰り返して進めないといけない。

その選択肢が多い仕事だから、看護師は大変。

ミスが許されないプレッシャー

簡単にできる判断なら、何回でも意思決定できる(かな?)

10万回は厳しいかもしれないけど、

少なくとも人の命に関わる判断と比べたら、慎重さがちがいますよね。

 

注射ひとつ、採血ひとつ、体交の向く方、血圧で禁忌の腕

とにかく慣れてる仕事でも「間違った」では済まされないのが看護師です。

自分の判断ひとつが患者に影響するというのは、慣れた仕事だとしても疲れちゃうよね。

 

プレッシャーが大きい中で最高のパフォーマンスをみせるって、むずかしいもんです。

よっぽど鍛えてる人や心理学を勉強しているひとじゃないと対処法を知らないんじゃないかな?

 

経験や知識でカバーできることはあるけど、やっぱり人間だから、ヒューマンエラーは避けられないしね。

看護師も人間だもの。

みつを

 

意思決定の回数がエグいほど多い

看護師って、たくさんの患者の、それぞれの疾患をみて、

その人の症状に合わせて対応を考えている間にも、同時進行で処置の準備を進めて…って

とにかく!やらなきゃいけないことがたくさん!

 

それに加えてドクターやリーダーからの指示を受けて、メンバーと協力して…って

どんだけ頭フル回転させればいいんじゃい!って感じしません?

 

1日にできる意思決定の回数は決められているのに、仕事中の意思決定の回数と言ったらハンパないです。

同時進行っていうのがまた大変で、つねに色んな方面にアンテナを張ってないといけないからさ。

人間関係のストレス

どうしたものか、看護師という職業にも「お局様」と呼ばれる人がたまにいましてね。

ほかにも新人にやたら厳しいひとや

教育という概念を履き違えてるんじゃないか?と思うような人。

 

あ、悪い話はここらへんでやめて…と。

とにかく仕事の内容とは関係のないところで生まれる「怖い」というプレッシャー。

これはストレスとなって、意思決定を鈍らせます。

ようは、ミスしやすくなるってこと。

 

ちなみに人間の職場で感じる一番大きなストレスは「人間関係」と言われていて、

人間関係がよくて、給料が安いひと、と

人間関係が悪くて、給料が高いひと、では

圧倒的に前者のほうが心の健康状態はいいという研究結果が出たらしい。

 

話は戻を戻すけど…

例えば、まだ自立してない看護技術があって、一緒についてくれる先輩がめちゃくちゃ怖い人だったら、

「ちゃんとやれよ」「本当にできるの?」オーラをビンビンに感じません?

 

すると、頭では手順よりも先輩の怖さに集中しちゃって、前はしなかったようなミスをしちゃう。

しかも高確率で。チーン。

こないだは失敗しなかったのに〜!って心で叫ぶけど、先輩に届くはずもなく…

 

それくらいプレッシャーは判断能力を鈍らせてミスを呼ぶんですね。

 

シフト制で時間帯がバラバラ

意思決定の回数とは少しズレるんですけど、夜は判断能力が下がるんですよね。

夜って意味もなくネガティブになったり、自分を責めたりしちゃわない?

これは自律神経の働きが関係あるんだけど、朝になったら悩んでたことがちっぽけに感じたりするの、あるあるだよね。

 

それに、シフト制だと睡眠リズムもバラバラで、熟睡できたんだかできてないんだか…

睡眠剤を飲んで頭がボーッとしたり。

 

とにかく効率が悪い!

 

正常な判断能力ができない状態で、命を向き合う仕事をするって、

なかなかのスキルですよ。

 

まず、そんな状況で仕事していること自分を褒めて欲しい。

まとめ、と解決策

普段の生活でも、一瞬一瞬「判断」「意思決定」を繰り返して生活をしていて、

無意識のうちにできるようになっていたから気づかなかったですよね。

 

脳みそも筋肉と一緒で、何回も意思決定しまくっていると疲れてしまう、という話。

 

しかも看護師は脳みそフル回転なうえ、患者さんを持ち上げたり、病院のあちこちまで歩いたり、

身体もフル回転!

 

そりゃ疲れますて…

 

頭を動かして疲れるというのはちゃんと理由があったんだ!と知れて、

じゃあミスしないため、スムーズに仕事するためにはどうしたらいいのか。

 

それは定期的にリラックスすること。

お昼休憩はしっかり一息つく。

もし休憩室ではリラックスできなかったら、飲み物買いに行くフリして少し散歩してみたり。

 

あと休日も仕事のことは考えないで、自分なりのリラックスを楽しむ!

どうしたらリラックスできるかわかんないって時には、いろんなことを試して自分にあったものを見つけていくしかない。

 

オススメは公園とか緑があるところを散歩、ヘッドスパ、エステ、読書…かな!

あと料理や片付け整理整頓も頭がスッキリするよ!

 

仕事の後半や、連勤のときは「そろそろ脳みそが疲れてきてるから、深呼吸してみよう」って

意識的にリラックスしてみてね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です