\\看護師なのにできるノーストレスな働き方はコチラ//

看護師が海外で働く一番簡単な方法を紹介!あなたの未来を開く道しるべ

 

あ〜海外で過ごしたいな〜。そんなテレビみたいな、夢みたいな話ないか…

 

どうもー、看護師バックパッカーのカサイチカです。

 

看護師が海外で住むってすごいハードル高いものだと思ってない?

いやいや、じつはそんなにハードル高くないし、これを読んでるあなたにも余裕でできちゃうんですよ!

 

看護師として働くんじゃなくて、まずは海外に住む方法を知ることがオススメです。

今の人間関係に疲れたな

環境を変えたい!新しい何かにチャレンジしたい!

と思っているあなたがこの記事を読んでるのはチャンスが回ってきたということかもしれないよ!

この記事を読んで新しい道を進んでみましょう〜

 

看護師が海外で働くにはワーキングホリデーがオススメ!

看護師がまず海外で働くにはワーキングホリデーがオススメです!

ワーキングホリデーってなに?という方もいると思うので説明を…

メモ
ワーキングホリデーとは、18〜30歳まで(国によって異なる)が協定を結んでいる22ヵ国で遊んだり、学校に通ったり、働ける制度です。

 

海外に住むには、一番簡単な方法だとおもってます。

とくに人気の国オーストラリアは1年間で1万人の日本人が ワーホリで移住しているんだよ!

一万人って小さい町の人口くらいあるよね!

それくらいメジャーなものなのに、意外にも知らないひとが多いです。

 

かなりもったいない。

どうしてかというと、上のメモにも書いてあるんだけどワーホリには年齢制限があるからなんだよね。

30歳になってからワーホリを知っても、もうすでに遅かったということになっちゃうんです。

 

ワーキングホリデーで看護師はできない

え、看護師として働けないの!?意味ないじゃん!

いやいや、冷静に考えてほしい。

たしかにワーキングホリデーは看護師でも海外で働けるけど、看護師のしごとがどれだけ責任が重いか知ってるよね?

海外に行ったとしても、その国にはその国の国家資格があるわけです。

 

もし外国の看護師資格を持ったひとが、いきなり日本で看護師しようと思ってもできないのと同じです。

 

じゃあどうするか。

①看護師とはまったくちがう仕事をする(レストラン、マッサージ、農家などが主流)

②病院で看護助手として働く

③ワーホリで行ってみてから、その国の看護学校について調べて、資格をとる

 

看護師がワーホリで働くとしたらこの3つがメインになります。

(もちろんワーホリは働かなくてもいい制度なので、遊びたいひとは仕事しなくてもOK!)

 

看護師がワーホリですべきこと4つ

看護師として海外で働けないなら、何をしたらいいのか。

具体的に書いてみるのでイメージしてみてね!

①看護師とは全くちがう仕事をする

せっかく海外にいっても看護師ができないなら、まったく違う仕事を経験してみるのも楽しいよ。

ワーホリのメジャーな仕事といえば…

①レストラン、飲食店。

ウエイトレスやキッチンで働くひとが多いよ。その国のひとのお店か、日本人が経営しているかが大きな差があるんだけど、日本人経営だと英語がペラペラじゃなくても働けるからハードルは低めだね。

②農家

農家のバイトもかなりメジャーです。

これはワーホリの期間を延長するための条件に入ってることもあって人気だね(オーストラリア・ニュージーランド)

歩合制の仕事も多いから稼げるひとはめっっちゃ稼げます。

わたしは一ヶ月で60万近く稼いだよ!

③マッサージ

国によってはマッサージのお店も多いから、スキルがあれば仕事も見つかりやすいよ。

普通のマッサージ店だとおもったら、ピンクな方って場合もあるから注意ね。(実際めちゃくちゃ稼げるらしいけど)

④カフェ

語学学校にバリスタコースもあるくらいオーストラリアでは人気の仕事だね!

カフェはどこの国でもあるし、手に職だから技術を磨けば日本に帰ってきてからも活かせるのでは!?

 

②看護助手

看護師の免許を持っていると有利にゲットできる仕事。

とは言っても英語のレベルも高くないといけないし、採用は狭き門らしい。

友達の友達がコレで働いていたんだよね。海外の病院もしれるから勉強になるよね!

 

③看護学校を調べる

すぐに働くんじゃなくて、まずはその国の看護学校や看護師になるための仕組みを調べるのもいいよ。

日本にいるうちに決めちゃうのはあんまりよくないと思います。

というのも、実際に行ってみて自分の肌とあわないな〜と感じることもあるから、一定期間住んでみてから決めるのがベター。

 

③何もしないで遊ぶ

ワーホリ制度のいいところは、何をしてもいいところ。

絶対に働かなきゃいけないわけでもないし、学校に行かなきゃいけない決まりもない。

1年間ず〜っと遊んでいてもいいんです。看護師の仕事に疲れたらゆっくりしてみるのもアリですね。

(お金に余裕があればの話…)

 

看護師が海外で働くメリット

看護師が海外で働くにはメリットがあります。

価値観を壊せる

やっぱり生まれ育った国から離れると、あたり前があたり前じゃないので自分の価値観が壊れる瞬間はおおいです。

この「価値観を壊す」ってめちゃくちゃ大事なんですよね。

じぶんの考え方がゴリゴリに固まったひとは、まわりの意見を受けいれることがニガテになってくるんです。

そして、じぶんの価値観を壊すひとを攻撃するようになる。

これがお局看護師のできる仕組みです。

若いうちにいろんな価値観に触れることが、看護師人生を左右することになると言ってもいいね。

 

自分の生き方を見直すキッカケになる

これは価値観のはなしと似てるんだけど。

看護師って病院ではたらいてたら人が死ぬ瞬間を立ち会うことがおおいじゃないですか。

人の死に方って、ほんとうに残酷で、いろんな形がある。

海外に出ることで、日本では考えられなかったような生き方を目にするから、看護師としての自分にも響くものがあるよ。

あなたの人生がどうやったらステキに彩れるか、考えるキッカケは海外生活にあるかもしれない。

 

収入源の分散

看護師として働いていると、当たり前に「看護師」としてしか収入源はないよね。

これって、これからの時代を生きていくにはかなりリスキーな話なんです。

 

ちょっと話はずれるけど、スーパーやコンビニでセルフレジが増えてきてるよね。

これは、いずれ「レジの人」っていう仕事がなくなることを意味しています。

タクシーも同じ。レンタルDVD屋さんも同じ。

 

これから職業の種類が変わっていくなかで、看護師も例外じゃない。

ロボットやAIが増えてくると、看護師は能力の高いひとしか残れなくなるんですよね。

 

まぁそこまで行かなかったとしても、「完全に看護師がイヤになった」場合でもなにか経験しておけば、お金を稼ぐのにプラスになるよね。

 

まとめ
価値観をこわす経験、いろんな人生をあり方をみる経験、看護師以外の方法でかせぐ経験。

経験はお金で買えないけど、人生で絶対的に必要なスパイスです。

看護師が海外で働くデメリット

「働く」と言ってるけど、「海外に住む」にも当てはまるデメリットですね。

このデメリットはどうしても避けられないかなと思います。

わたしも3年くらい海外で生活しているけど、このデメリットはずっとつきまとってきてるんだよ…。

デメリットないよ!海外生活最高!って見栄をはっても仕方ないから全部説明するねー!

 

看護師のキャリアが途絶える

看護師として働いてない期間があれば、その時点でキャリアはストップ。

その時間が長ければ長いほど、知識も技術もはなれていっちゃうから不安はずっとあるよね。

主任や師長にステップアップしていきたい人には絶対的な壁になってしまうと思う。

とは言っても、産休や育休で現場を離れるひとや、看護師に疲れてゆっくり休むひともいるから、そこまで深く考えてなくていいんじゃないかなー!

 

家族と離れる

遠い国にいけば家族に何かあったときに、すぐ駆けつけることができないんですね。

台湾、韓国だったらすぐだけど、オーストラリアやカナダともなると1日かけての移動だからね…。

家族が心配っていうリスクは大きいかも。

あと、単純にホームシックになるひともいますね。

 

恋人と離れる

海外にいって遠距離をすると破局率もすごいし、浮気率も以上ですね。

ずっと間近でいろんなカップルを見てきたけど、海外にいればバレないから遊んでるひとは多かったな。

そして、海外で出会ったひととそのままカップルになって結婚というパターンもあるね。

とは言いつつ、遠距離がうまくいったカップルもいるから、人それぞれってことで!笑

 

結婚式やライブイベントに行けない

友達の結婚式に気軽にいけないんですよね!!わざわざ帰国して参加するにしても費用がバカにならないし…。

あと、大好きなアーティストのライブも行きにくくなります。(わたしは1年のうち2回ももクロのライブで帰国したけど)

こうゆうのも地味にメンタルやられます…。

 

さいごに

メリットデメリットはありますが、看護師が海外ではたらく最初のステップとしてはワーキングホリデーがオススメ!

ハードルは高くないし、お金も稼げることを考えれば国家試験よりカンタンです!(怒られるかなw)

 

実際のところめちゃくちゃいい経験になるからね。

でも、初期費用というか、海外でお金がなくなっていく危機感はマジでメンタルやられます。

見知らぬ国でごはんも食べれないで死ぬのかな…って思う。

 

悪いこと言わないので貯金はしておこう!

いまの病院から1日でもはやく辞めたい!海外に行きたい!ってひとは、3ヶ月でいいから派遣で働いてちょっとでも多くお金を持って行くべし!

 

お金で買える安心の量はめちゃくちゃ大きいです。とくにはじめての海外生活だったらなおさらね!

私もしっかり貯めてから行ったおかげで、最初は不安が少なかったよ。(途中からひどいことになったけどw)

 

ということでカサイチカでしたー!

看護のお仕事派遣

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です