【ワーホリ・旅】住民票は抜く?抜かない?抜いた方がいいと状況と理由

 

海外いく前に住民票ぬいたほうがいいの?それともそのまま?

どっちやねーーん!

どうも、看護師バックパッカーのカサイチカ@chi___zです。

海外に行く前ってやらなきゃいけないことが多いですよね。

その中のひとつ

「住民票どうするか問題」

ただでさえ役所の手続きはめんどうなイメージがあるのに、準備で忙しいときに調べるのも気が重くないですか?

そこで、実際のところどっちがいいのかをこの記事で紹介していきたいと思います。

 

ちなみに私は…

住民票抜く派です!!!!

わたしにとっては住民表抜くことのほうがメリットが大きいと思っているし、

そのメリットが大きすぎて日本に戻ってないほどですから。笑

知ってると得する、知らないと損する。

これで賢く節約しましょ〜

住民票を抜くとは?

住民票を抜くとは、海外転出届けを出すということです。

住んでいる市町村の役所で手続きができます。

これは日本国籍がなくなるというわけじゃなくて「日本のパスポートを持っている日本人だけど、日本に住んでません」というもの。

だから住民票を抜くだけだったら、そんなに手続きはめんどくさくないです。

手続きの内容としては、役所にある指定の用紙に記入して提出するだけ。

海外での住所が決まってない場合や、何カ国かいく場合は、最初に行く国名だけ記入すればOK!
(役所によって異なる可能性もあるから確認してね)

持っていくものは、本人証明できるものと印鑑です

海外に行く前に住民票を抜くメリット

ワーホリや旅で海外に長期で行くとき、やらないといけないことのひとつ「住民票の処理」は抜くとメリットがあります。

ひとつずつ紹介していくよー!

住民税を払わなくていい

住民票を抜くともちろん日本に居ないことになります。

ということは、住民税も払わなくてOK!

しかも1月1日に日本にいなかった場合(住民票がなかった場合)は、翌年も住民税払わなくていいんです。

社会人1年目が払わなくていいのと同じ。

なので海外から戻ってくるのが1月1日以降だと節約できるので、これはお得ポイント!

注意
①仕事をやめた年の住民税は払う必要があるよ

②住民票を抜かなかった(ただの海外旅行)の場合は住民税を払う必要があるよ

年金を払わなくていい

住民税と同じで、年金も払う義務がなくなります。

私たちが高齢者になったとき、「果たして年金はもらえるのか!?」と言われているし、ここは節約しておきたいところだよね。

海外にいるのに、日本での固定費用がかかるのはちょっとキツイです。

とくに収入がなかったり、不安定だとお金にシビアになって、海外生活を十分に楽しめない可能性もあるもんね…。

ちなみに年金は「払わなくてもいい」んだけど「払ってもいい」です。

住民票を抜いてても払い続けれるし、払ってなかった期間の分をあとからまとめて払うこともできるから、どうしても老後が不安なひとは帰国後に払ってもいいかもね!

 

国民健康保険を払わなくていい

日本は皆保険なので、全国民が保険に入ってますよね。

でも海外に行くために住民票をぬくと、国民年金を払わなくていいんです。

(会社で働いているひとは社会保険。親族の保険に入っているのが扶養保険)

国民健康保険は会社をやめると毎月自分で払わないといけないし、高いです!

海外にいるあいだは、まず日本の健康保険を使うことってありませんよね。

使うとしたら、わざわざ帰国して日本の病院に受診したとき。

ほぼ使うことがないので、意味のない出費になってしまいます。

住民税、年金、保険を払わなくていいなら、かなり出費が減るね!

海外行く前に住民税を抜くデメリット

住民票を抜いて、出費が抑えられるならメリットばっかり!と思っちゃうけど、デメリットもあります。

これは忘れないでおいてほしいです

国民健康保険に加入できない

これは今まで「3割負担で住んでいた医療費を全額支払わないといけない」という意味です。

保険に入っているあいだの医療費は70%オフだったわけですね。

でも10割負担って言われても、検査や治療内容によって費用がかわるから、どれくらいかかるかイメージつかないですよね。

ちょっと全額負担でかかった医療費の例を出してみると…

・歯医者で定期検診(レントゲン、虫歯の有無チェックなど)→10.000円前後

・女性クリニック受診(エコー、子宮頸がん検査など)→4.000円前後

受診後の薬処方→3.000円前後

・整骨院でぎっくり腰の治療→1回10.000円前後

・肋骨骨折で病院受診(レントゲン2枚撮影、診察)→10.000円前後

こんな感じです。

もちろん治療内容によっては何十万もすると思います。

1本1万円もする点滴もあるし、CTやMRIも撮影すると高くなります。

急に虫垂炎(盲腸)になって手術する!なんてなったら、想像するだけで怖いですよね…。

 

【海外の病院で受診するときの落とし穴】

海外旅行保険に入ってるからOKと思いがちだけど注意!

日本の医療が当たり前になってるけど、海外では違うこともあるよ。

・予約日が何週間も先で、すぐに診てもらえない

・検査から治療までも日数がかかる

・治療しても治らない(医療レベルが低い)など

日本のようにいきなり病院に行って、検査して、当日に治療してもらえるって当たり前じゃないんですよね。

海外在住でも一時帰国して10割負担で治療するひともいるくらいなんだよ…!

 

年金受給額が減る

もちろん年金を払っていない期間があれば、自分が年金をもらう立場になったときに受け取れる金額が減ります。

実際に受け取り始める年齢もわからないし、本当にもらえるかわからないけど、不安なひとは継続して支払いもできます。

帰国してから未払い分を払うこともできます。

ということで、対処によってはデメリットをなくすこともできるね!

 

めんどくさい

シンプルにめんどくさいです。

役所に行って、住民票を抜く手続きのほかに、年金や保険の手続きも必要です。

しかも初めてだと何をしていいかわからないし、説明されても頭はハテナはてなハテナ…って感じ。

ま、わからなくても役所のひとが丁寧にやってくれるから、言われたことをすればいいんだけど笑

 

その他

・銀行口座ひらけない

・クレジットカード作れない

・雇用保険(失業保険と言われてるもの)の受給がストップする

などがあります。

銀行口座やクレジットカードは海外いく前にしておこう!

仕事をやめてから受け取れる雇用保険の受給は住民票を抜くと受け取れないから、期間を計算しておくといいよ!

人それぞれで住民票を抜くメリットは変わる

住民票を抜くメリットデメリットはありますが、はっきり言って個人の状況によっても変わってきます。

タイトルにもある通り、わたしはメリットが大きいと判断したけど、人によってはそんなにメリットないかなってこともあるんですね。

わたしが住民票を抜いた理由

・1年以上完全帰国しないことを決めていた

・雇用保険の受給がなかった

・海外にいる間はクレジットカードの保険を使うことにしていた

・将来年金の受給額が減っても大丈夫なくらい稼ぐことを決意していた。

・年金未払いの分もあとから支払ってもいいと思っている。

・一時帰国しても10割負担で受診するつもりだった

・医療費が高額な病気・ケガをしないつもりだった(笑

 

住民票を抜かなくてもメリットがあるような場合

・雇用保険の受給をする予定

・2〜3ヶ月で日本に帰国予定

・年金はちゃんと支払いたい!って場合

・お金に余裕があって、手続きが面倒なひと

こんな感じですかね。

 

自分がどんな状況で、どっちにメリットがあるかしっかり見極めてみるといいですよ〜

ちなみにわたしは日本に住みたいけど、もろもろ支払いたくないから結局ずっと旅を続けて、生活コストの安い東南アジアでフラフラと生きてます。

テキトーな感じだけど、月に何万も支払わなくていいし、毎月5〜7万くらいで生きていけるので。

住民票抜くか抜かないかまとめ

住民票をどうするか悩んだとき、まずはどんなメリットデメリットがあるかを知りましょう。

知ってると知らないでは、何十万円も変わってきます。

ひとによってメリットデメリットは変わってくるので「この人が言ってたから住民票抜いた(抜かなかった)」ではなくて、いろいろ考えてみてくださいね!

 

ということで、カサイチカ@chi___zでしたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です