\\看護師派遣のバイトに行ってみた体験談…!//

看護師インフルエンサーゆる活ナースayakaさんの働き方に注目!

どうも~看護師バックパッカーのカサイチカです

あなたは看護師の働き方についてどんなイメージがありますか?

看護師といえば病院で働くというのがスタンダードかもしれませんが、ここ数年、看護師の働き方の考え方が大きく変わってきています。

もちろん今の時代、看護師だけじゃなく「働く」に対する考え方が変わってますよね。

仕事メインの人生ではなくて、仕事もほどほどにプライベートも充実させたいという人が増えている。

そんな時代のなかで先人を切って活動されている看護師インフルエンサーに話を聞いてみました。

彼女の肩書きは「ゆる活ナース」

看護師といえばバリバリと男顔負けの仕事量をこなすイメージですが、ayakaさんが大切されている「ゆるく頑張る」についてと彼女のこれからの活動に注目してインタビューしてみました。

実はayakaさん、看護師として働いているのは週3回の訪問看護だけ。

「どうやって生活してるの?」

「ゆる活ってなに?」

「病院以外での働き方を知りたい!」

そう思ったあなたは、ayakaさんの生き方が衝撃かもしれません。

だからこそ知って欲しい。「ゆるく頑張る」現代の新しい看護師のあり方。

 

はっきり言って筆者カサイチカはかなり緊張しております。笑

ayakaさんは看護師ブロガーの第一人者と言ってもいいくらいの存在。憧れの眼差しで遠くからみてたんだけど、インタビューを快く引き受けてくれたので熱を込めて書いていきたいと思います!!(気合!)

看護師のための看護師 ゆる活ナースayakaの働き方

いま週3回の訪問看護師として働いているayakaさん。

当たり前だけど新卒からずっとそのスタイルだったわけではありません。

自分のツラかった体験を生かして、心も身体も健康な仕事スタイルにチェンジ!
そして、悩める看護師を支える存在でありたいという気持ちから今のゆる活ナースayakaが出来たのです。

控えめに言って…カッコイイかよっ!!

そんなayakaさんの今までを紹介👇

【ゆる活ナースayaka】

看護学校を卒業後、重症心身障がい者病棟に入職。

働いていくうちに心もカラダも疲れてしまい退職を決意した。

すぐには転職せずに、デイサービスや派遣のバイトを経験してから2ヶ所目の病院へ転職。

リハビリ回復期病棟で2年働いたのち、看護師フリーランスとなる。

いまは訪問看護の仕事とブログ、インスタグラムなど様々な方面で収入を得て生活している。

で、結局なにしてる人なの?

悩める看護師の力になりたい

いまayakaさんが力を入れているのが

👉看護師同士のつながりを作ること。

👉病棟で働くことに疲れたり、気持ちが追い詰められてしまった看護師のサポートをすること。

👉医療者こそが手本となる健康な心とカラダを手に入れられるよう発信すること。

疲れてる看護師は私に相談して〜!

看護師って本当に疲れやすい仕事だと思います。

なんたって9Kだしね!

一人前になるまでも時間がかかるし、仕事を覚えてからも次々に変わっていく医療についていくのも大変…。

疲れているときに否定もせずにサポートしてくれる看護師のための看護師。

新人だった過去の自分がayakaさんを知ったら泣きながら電話で助けを求めていたと思う。

(新人の頃のわたしは毎日お母さんに泣きながら電話していました笑)

 

収入源はたくさんあります!

「週3回しか働いてなくて生活できるの?」

新しい看護師のスタイルとしてゆるく働いてるayakaさんだけど、ゆるいと言っていいのかわからないくらい活動的〜!

すごく幅広い!

収入源は4つあるよ〜

▶️訪問看護師

▶️ブログ

▶️スカウター

▶️インスタグラム

それって稼げるの!?と思うカタカナがいっぱいありますね〜笑

知らない人からするとビックリかもしれないけど、ちゃんとしたお金を稼ぐお仕事なんですよ。へへ

ayakaさんのSNSはコチラ👇

▶︎ブログ  ゆる活ナースayakaのブログ

▶︎ツイッター ゆる活ナースayaka@yurukatsunurse

▶︎インスタグラム yurukatsunurse

 

看護師がつながれるオンラインサロンをしてるよ

悩める看護師のちからになりたーい!けど、私自身がポンコツだから助け合える場が欲しいの…笑

そんな気持ちを形にしてるのが縁JOYナースというオンラインサロンです。

オンラインサロンって何?って人もいると思うので説明すると…

フェイスブックやLINEを使ってグループであーでもないこーでもないと話をすることです(ザックリ)

看護師の世界って独特だから、看護師にしかわからないことがたくさんありますよね。

 

職場のお局ナースを見てれば「ろくな看護師もいねぇ…!!」とイライラしちゃうけど、視野を広げて全国見渡してみたら共感しあえて応援しあえる看護師に出会えるよっというのが縁JOYナースの魅力です!

看護師オンラインサロン 縁JOYナースについては部長マイマイさん(@maimai_mirains)のブログをどうぞ👇
【全国の看護師の想いをつなぐ】ナースのための本気の部活、はじめました。

 

看護師が集まれる部屋をつくります!

いまayakaさんがチャレンジしていること…

それはナースの部屋を作る!

オンラインサロン縁JOYナースのメンバーや悩める看護師が集まれる場所をつくりたい!という気持ちを表しているのがこの「ナースの部屋」

もともと看護師の交流会を企画していたことがキッカケでオンラインサロンを作って、さらにいつでも集まれる空間を自分たちで作り上げようと準備されております。

…なんたる行動力!

そのナース部屋でどんなことができるの?

看護師そのものに疲れたひとが駆け込める場所にしたいな〜とか、看護師でも発信する人が増えてるから機材を揃えて作業できるようにしたいな〜とか、ご飯会してわちゃわちゃしたいな〜とか色々!

なるほど!まさに看護師のためのお部屋になりそう!

 

ただいまナースの部屋を作るための資金集めとして絶賛クラウドファンディング中です!!!

ご協力お願いします〜!

(詳しくはコチラ👉看護師が集まって健康を発信する「ナースの部屋」をつくりたい

 

訪問看護師として働いて

訪問看護師と働きはじめて半年のayakaさん。

働くことにしたキッカケは、まさかのツイッターから来た連絡だったらしい!

今の会社の社長がツイッターのDMに直接うちで働かないかって連絡をくれたんです

訪問看護って学生時代の実習で勉強したくらいで実際の現場のことはちんぷんかんぷんな私。

詳しく聞いてみた。

チカ

訪問看護師って楽しいですか?(ザックリ)
もともと興味はあったんですよ〜。病院での働き方よりも生活をケアする感じが好きなんで。

チカ

ほうほう。
一緒に働いてる先輩がすごい人で、その人だから出来る訪問のケアがあるのがすごい。

チカ

というと?
病院だと患者は患者の意思で治療に来るけど、訪問看護は看護師がお家に行くんですよ。だから患者によっては家に入れてもらえないこともある。彼らの生活の場に自分が入っていくってこと。

チカ

なるほど〜。
病院での患者と看護師よりも、もっと信頼関係が必要で、その看護師によって患者が受け入れてくれるかが決まったりする。

チカ

信頼関係が築けてないとケアを提案しても拒否されたりするってことですね!
そう。その患者さんの家に行くのは限られた時間しかないから、その中でどうやって信頼を積むかがケアにも繋がるんです。

チカ

難しそう!
病院と違うのは治療のためじゃなくて、生活のために…っていう視点で見ることですね。

チカ

訪問看護師のイメージがグッと深まった〜!

 

周りを育てつつ、ひとりの人間として成長したい

これからの活動に期待が集まるayakaさんに未来のビジョンを聞いてみた!

もう自分が一線でやるというよりは、生き生きと活動していける人を増やしたいと思ってます。自分だけじゃ限界が見えてきてる部分もあるし…。

チカ

え!ayakaさんでもそう感じることあるんですね!
ありますよ〜!私けっこうポンコツなんで!笑  まぁ自分が発信力をつけてチャンスを掴んできたから、ほかの子たちにも仕事を広めたいと思ってます。

チカ

なるほど。やるべきことが変わってきてるんですね〜
どうしても疲れるし、落ち込むことも多い仕事だから看護師だけじゃない経験をつくれる場所をつくりたいです。私が過去にめっちゃ疲れてたから。笑

チカ

一人で頑張りすぎて壊れちゃう人が多いですもんね。
看護師でも元看護師でもいいから、支え合える場がほしい。だから今回のナースの部屋は絶対に作り上げたいと思ってます。

チカ

応援してます!これからの活動や5年後の自分のビジョンはありますか?
今は看護師として活動してるけど、まずは一人の人間として成長したいですね。「すごい」って言われることが増えてきたけど本当にそんなことなくて、まだまだなんです〜

さいごに

最初にも書いた通り、わたしにとってayakaさんは遠い存在の看護師インフルエンサーでした。

タイミングと縁が合って今回インタビューさせてもらって、遠くからだけでは見えないayakaさんの気持ちを聞くことができた。

まだ私は自分のやりたいこと、やるべきことにしか目を向けられていない中で、ayakaさんの視点から見た看護師の世界を覗くことができて自分自身の視野も広がったように感じます。

最強のサービス業とも言える看護師の仕事は本当にマジで甘くない。よね?笑

だから疲弊する看護師もすごく多い。

看護師業界を変えることは簡単ではないけど、同世代の看護師が少しでも心も身体も健康な状態で看護師を続けられたら…と活動しているayakaさんに私も大声で賛成。

人の命を看るひとこそ、自分の命を大切にできる世界が広がればいいなと思います。

ゆる活ナースayakaはゆるそうでゆるくない。

ゆるくなさそうで、ゆるい。

そして自称かなりポンコツ。笑

でもとても行動的で自分よりもまわりのサポートを優先するような優しいオーラをまとった人でした。

インタビューさせていただきありがとうございました。

*\  応援してます! /*

 

カサイチカでしたー!

 

   続きを読んでみる▶︎      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です