腰痛持ち看護師は転職か我慢しかない?辞めるべきタイミングと転職事情

どうも~腰痛人生のカサイチカ@chi___zです

看護師の職業病と言えば腰痛ですよね。

中腰でするケアや重労働が多くて、看護師の60%以上は腰痛持ちという結果が出ているくらいです。

わたしも慢性的な腰痛と、腰椎ヘルニアが重なって、最終的には左足の痺れがひどくなり手術をしました。

仕事をしててもできるケア出来ないケアがあって、職場スタッフに迷惑をかけているのがすごく辛かったです。

助けてもらわないといけないことで肩身が狭くなって、腰痛だけじゃなく気持ち的にも辛くなっちゃいますよね。

この記事では腰痛持ちの看護師ができるケアのこと、転職したほうがいいタイミングの判断などについてお話していきます。

痛みで毎日つらい思いをしているあなたが楽になる方法を一緒に考えていきましょう!

 

👇今の職場ではもう限界…なら転職を第一に考えて!💦

看護師の転職なら「看護のお仕事」 

腰痛持ち看護師の選択は転職か我慢か?

病棟看護師の仕事ってめちゃくちゃ重労働ですよね。

高齢者が多ければ介護度も上がるし、体位交換・オムツ交換・清拭…介護的なケアがメインになって、

看護師の腰痛はひどくなります。

仕事で消耗しては休みの日にケアする繰り返しで、お給料が医療費として消えていくのも虚しいですよね。

実際のところ、腰痛持ちの看護師にある選択肢はふたつです。

①身体の負担が少ない職場に転職する

②腰の痛みをガマンしつつ、整体や整骨院で治療して、コルセットのお世話になって仕事を続ける

腰痛に必要なのは確実なケアと引き際

転職するにしても、今の職場で続けるにしても、一番大切なのはあなたの身体のケアです。

どこで仕事をするにしても身体が資本ですからね。

とはいいつつ、腰痛の80%以上は原因がないと言われています。

慢性的な疲れ、ストレス、痛みの心配・不安、いろんなことが原因で腰痛として身体に現れていることがあります。

まずは自分の腰痛の原因が何なのかを把握しましょう。

腰痛=腰椎ヘルニアではないですからね。

疲れやすい筋肉や歩き方・身体のクセをみつけてケアすることが大切です。

そして、最も重要なのが引き際です。

きっとあなたも責任感が強くて「今はまだ辞められない」「辞めたら職場に迷惑かけちゃう…」と思ってませんか?

そうしてガマンにガマンを重ねて、さらに腰痛が悪化しちゃうんです。

看護師の世界ってなかなか辞めさせてもらえなくて、順番待ちみたいなところもありますよね。

でも本当に悪くなったときは急に辞めることになってさらに迷惑をかけるし、

復帰・転職するまでも時間がかかって、悪循環になります。

限界を迎える前の引き際を、いまもう一度考えてみましょう!

看護師の転職なら「看護のお仕事」 

腰痛看護師は転職を常に考えたほうがいい

上でも少し書きましたが、腰痛と戦っているなら「これから仕事をどうするか」しっかり考える必要があります。

だって仕事よりも身体が大切ですよね!?

仕事を中途半端に投げ出したくない気持ちとーってもわかります。

自分が辞めちゃったら職場がまわらなくなるんじゃないか…って思っちゃうんですけど、

悲しいことにそんなことないんですよね。

看護はチームです。一人欠けても回らないように出来ていますし、ギリギリまでガマンして限界を迎えるほうがよっぽど迷惑がかかります。

まずは腰痛の程度についてまわりに話して、配慮してもらうこと。

腰痛がひどいときは休職させてもらうこと。

腰痛の治療をしてもよくならない場合は転職を考えること。

自分のカラダを守るために考えてみてください。

腰痛看護師の転職は明るくない?

腰痛のある場合、転職先は限られてくるのが現実です。

腰が痛くて仕事を満足にできないから転職するのに、もっとハードなところには行けないですもんね💦

そして受け入れる側の病院も腰痛があることに関しては厳しい反応をすることがあります。

腰痛あるよりは…ない看護師のほうがいいですもんね…。

 

わたしも腰椎ヘルニアのオペをしてから転職したんですけど、かなり断られました。

足の痛みはしっかりなくなったけど、再発する可能性もあったし重労働はできないと話していたので…。

病棟を希望して転職活動していたんですけど、外来やクリニック、施設なんかをメインに考えておいたほうがよかったですね。

 

今までの経験や知識がなくなる不安もすごくわかります。

でもまずは腰痛の程度と相談して、無理のない仕事をすることがむちゃくちゃ大切です!

腰痛VS看護師 勝つために必要なことは…

腰痛を克服するためには、自分のカラダを知ることです。

歩き方のクセで腰に負担になっていることはないか、

ボディメカニクスは間違っていないか、

腰痛がひどくなるクセはないか、

などなど知っておいたほうがいいことはたくさんあります!

せっかく仕事を楽しいと思えているのに、気持ちではなくカラダが原因で転職しないといけないのは悲しすぎますからね!

あなたの腰痛はどうして起きているのかをプロの力を借りつつ探してみてください。

病院ではなく、整骨院での治療も試す価値ありですよ!

 

腰痛に負けそう…というあなたは今すぐ登録して転職して!

看護師の転職なら「看護のお仕事」 

腰痛持ち看護師が転職をするべきタイミングは?

最初にも書いた通り、腰痛は80%が原因不明と言われています。

もしかしたらあなたの腰痛も整形的な原因はなくて、人間関係のストレスだったりするかもしれないですしね。

腰痛があることで周りのスタッフに迷惑を欠けている気持ち、肩身が狭くて居づらい気持ちとってもわかります。

もしあなたが腰痛でカラダも気持ちも限界を迎えそうだな…と思ったら迷わずに転職することをオススメします。

わたしは「いま自分が辞めたら職場がまわらなくなっちうから」と必要以上に責任感を感じていて、

腰椎ヘルニアが超悪化、排尿障害も出て手術することになってしまったんです。

そしてそのまま退職…。

一番最悪な形で職場に迷惑をかけてしまいました。

・まずは自分の腰痛のキャパシティーを把握

・一番合うケアを知る

・仕事の引き際を考える

・転職も視野に入れる

この4つのポイントを忘れないでください!

職場はあなたのカラダを守ってくれないんです。自分で守る方法を知って、実践してください。

 

腰痛やっぱり限界かも…というあなたは今すぐ登録して負担の少ない職場を探してみてください。

\わたしもお世話になってます/

看護師の転職なら「看護のお仕事」 

転職するタイミングは自分で作るものです!

いつまでも「まだ辞められない…」では悪化するだけですよ!

 

ちなみに私は腰椎ヘルニアのオペをしてからも慢性腰痛とは仲良しでした。

そんな中で特注のインソールを作って歩き方や姿勢を矯正したら

「世界ってこんなに生きやすいの!?」

と思うくらいには改善したんです。

スマホの次にインソールを大切にしてるくらいです。笑

わたしが作ったインソールに関して書いている記事はコチラです👇

腰痛持ちに激推しアイテム!入谷式インソールがもたらす驚異的な効果とは!?

 

看護のお仕事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です