\\看護師派遣のバイトに行ってみた体験談…!//

夫婦でヒッチハイク日本一周旅1ヶ月経って感じていること。

はろー!chikaです。

夫婦でヒッチハイク日本一周旅をして1ヶ月以上経ちました。
47都道府県を夫のミロク氏と制覇しようと奮闘している30歳目前の旅人です。

ちょっと遅くなったけど1ヶ月のふりかえりをしていきまーす!

 

1ヶ月経って見えてきたこと

やるべきことが見えてきたのは動き出してからだった

出発する前に、これから夫婦ふたりで日本一周してきます〜。ヒッチハイクでします〜。という記事を書いたんだけど、これを書いた時には自分たちがどんな気持ちで毎日を過ごすのか想像でしかなかったんです。

当たり前だけど。

記事はコチラ→夫婦で日本一周ヒッチハイクの旅をスタート。めざせ47都道府県制覇!

だけど旅をしていく中で「やるべきこと、やりたいこと」を言語化できるようになった。

理由はめちゃくちゃ簡単。

聞かれるから。

 

これらドライバーさんに100% 話します。

乗せる側のドライバーさん達からしたら色々聞きたいじゃないですか。

これはね、相手からしたら自己防衛みたいなもん。

見ず知らずの旅人をジブンのスペースに突入させて、何が起きてもジブンが対応しないといけない空間。

しかも車に乗ってしまったら、みんな前を向いているからお互い顔がハッキリ見えない。
相手がどんなニンゲンなのかを言葉と声で理解していくしかない。

聞かれなくても挨拶なのでコチラから話します。

この会話を少なくても1日1回、多くて5回くらいする。

乗せてもらう車が変わるたびに。

 

そんだけ話していたらね、はっきりと答えられなかった返事もかぶせ気味で答えられるようになるわけです。

「どこからk…」
「北海道ですっ!九州からスタートして北上してます!」

くらいにはいける。笑

 

振り返ってみると完全に

やることがわかっているから動き出したではなくて、動き出したから見えてきた

感じです。

始める前にふんわりと思っていたこと
・日本のいろんなことを知りたい
・ヒッチハイクしていたら出会いが多い
・交通費が浮く
・ウエディングフォトを撮って日本で新婚旅行するイメージを持ってもらいたい

1ヶ月経って思っていること
・移住先を探す旅をしている
・ヒッチハイクをしているのたくさんの人と話ができて街の魅力を教えてもらえる
・47都道府県でウエディングフォトを撮って、結婚式に使いたい。新しい結婚式の形を作りたい。
・乗せてくれた人たちにもう一度会いたいから日本一周2周目したい

ふんわりとしか見えていなかったものが、たくさんの人との会話を通じてより具体的に、次のやりたいことまで見えてきました。

 

ヒッチハイクは想像よりも時間がない

ヒッチハイクをしているとものすごく時間がかかる。

車での移動時間に加えて、乗せてもらうまでの時間がかかる。
それは1分の時もあれば、2時間のときもある。

目的地までは車で2時間のところプラスαの時間があるわけです。

1台で行けるとも限らなくて、途中まで乗せてもらったあと2台目に乗り継ぎをしないといけないとさらに時間がかかる。

たまに「用事がないから目的地まで送るよ」っていう神対応してくれるドライバーさんがいるんだけど、その時は予定よりもめちゃくちゃ早く着く。

その日にどこまで行けるかわからないという不安定な毎日です。

車に乗せてもらっている時間はドライバーさんと会話をするからブログ作業もしないし、次の予定を立てる下調べもしない。

なかなか使える時間が少ないってのが現状です。

 

野宿って大変なこといっぱいあるお。

外で寝ること自体はそこまで大変じゃなくて、寝る場所が決まってない不安と公園探しが大変。

まず、グーグルマップで緑で表されている公園の部分を見つける。

ストリートビューで見て実際に寝れるか確認。

実際に行ってみると芝生じゃなかったり(芝生のクッション性が命)、公衆トイレがなかったら泊まれないので次へ移動。

一日中動き回って到着した公園がムリぽよ〜だったときの喪失感たるやない。

また15kgの荷物を背負って移動…。精神的に来るぜ…

土地勘がない町での公園探しはなかなかハードルが高いのです。

 

 

野宿が続くと電子機器のバッテリーが死ぬことも大きな問題。

モバイルバッテリーは3個持ちなんだけど、GPSを使ってたりSNSでリアルタイムな更新をしているとすぐに死にます。

途中でコンセントのあるマックやスタバに行ってどうにか繋いでる感じ。

 

もうひとつ、野宿しているとブログ作業出来ないストレス。
ブログはどうしてもやりたいんだけどテントの中で液晶が光りすぎちゃって怪しいので基本的にテントではムリ。

やりたいことが出来ないストレスはわりと大きい。

 

人のあたたかさに触れてわかった本当のヒッチハイクの意味

ヒッチハイクをする前は交通費浮かせられるラッキー!って軽く思ってたんだけど。

はっきり言って殴りたい。

私たちの旅はお金じゃなくて、人の優しさで成り立っている旅なんです。
(すげー偽善者っぽいけどw)

3年ほど国内外をフラフラと旅しながら生活していて

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”2.jpg” name=”chika”] 日本はもうだめだ。住む気にならん。[/speech_bubble]

 

そう思っていたけど、毎日ひとの優しさに触れることで「ヒッチハイク」を勘違いしていたと気付いた。

日本が母国でよかったと思えるほど、たくさんの人から優しさをもらっています。

 

太った

ま、太ったよね。3キロほど。

コンビニ、スーパーのお弁当とカップラーメンだけ食べてたら太りました。

笑えないっちゅーねん。

ウエディングドレスのホック崩壊したっちゅーねん。

 

まとめ

1ヶ月していると色んな変化があるけど、何ひとつネガティブな変化はないです。

いや、太ったことはありえなかいか。めちゃくちゃ戻りたい涙

いまのペースでいくと3ヶ月で47都道府県制覇はむずかしいけど、ひとつの県をゆっくり、毎日たのしくやっていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です