\\看護師派遣のバイトに行ってみた体験談…!//

ピカチューに会える!キュンとする可愛さ爆発のクォッカが住む唯一の島

 

ピカチューのモデルになったかわいい動物がいるって聞いたけど、どこ?

どもー!カサイチカです。

 

ピカチューのモデルになった可愛いクォッカに会えるのは、この広い広い地球で島はたったひとつです!

クォッカってなに?
クォッカはピカチューのモデルになったと言われている超かわいい動物だよ!

 

口角が上がっているから笑っているように見えて、母性本能くすぐれる可愛さで人気なんだよね!

簡単にいうとバブみのあるクソかわピカチューですね。(雑w)

そのクウォッカに会えるのはオーストラリアにあるロットネスト島。

 

この記事では私たちが行ってきたときのレポートとして、島への行き方や楽しみ方についてお話します。

きっとあなたも行きたくなるはず…!

ピカチューのモデル、クォッカってどんな動物?


クォッカは大きく分類するとカンガルーの仲間です

大人でも40~50cmくらいの大きさ。お腹に袋を持っていて、こどもはその袋で育っているよ

ちなみに、上↑の写真も含めてこの記事ではわたしが撮った写真をたくさん載せます!

まず、この写真めちゃくちゃかわいいくない?

 

クォッカは口角が上がってて、下から撮ると笑っているように見えるんです!

だから母性本能くすぐられるというか、萌え〜というか、キュンキュンというか…!(いずれも古い)

(昼寝しているクォッカのお腹から赤ちゃんが見えてるよ)

 

でもこの可愛いクォッカいまは数が減っていてオーストラリアのロットネスト島というところにしか生息してないんだよね

その島以外では絶滅しちゃったんだって

そして、その島は半分以上は手付かずの大自然。A級自然保護に指定されてる国立公園となってます

 

この可愛いクォッカに会いたい人は、ロットネスト島まで会いに行くしかない!!

クウォッカが住む島、ロットネスト島への行き方

世界で唯一クォッカがすんでいる島、ロットネスト島はオーストラリアにあるよ!

ハッキリ言って日本からはめちゃくちゃ遠い…

でも行く価値あり!

場所

西オーストラリアにある都市パースから沖合20kmのところにある島です

行き方

  • STEP.1
    日本
    飛行機に乗って日本を出発です。
  • STEP.2
    パース
    パース空港へ到着
  • STEP.3
    フェリーで島へ
    ロットネスト島を目指してフェリーに乗ります
  • STEP.4
    到着!
    ロットネストに到着してお散歩しよう!

遠く感じるけど、こうやってみるとそうでもないね!

フェリーの予約はめんどくさいからここでしっかり説明するよー!

 

フェリーの予約方法

パースとロットネスト島を結ぶフェリーはロットネストエクスプレスっていうフェリー会社をつかって行くよ

事前にネット予約が必要だから、これを見ながらやってね!

 

①まずは公式サイトへいきます〜▶︎公式サイトはコチラ◀︎

公式サイトを開いたら「book ferries」を選びます。

ここでのbookは本って意味じゃなくて予約って意味でよく使われるワードだよ!

 

②必要な項目をいれます
(項目の説明は下👇にあります)

①往復or片道を選ぶ

②フェリーに乗る場所を選ぶ(下に画像のせてます)

③行く場所を選ぶ(Rottnest Islandを選んでね)

④行く日にち、帰る日にちを選ぶ

⑤人数を選びます

 

ロットネスト島行きのフェリーは乗る場所が3ヶ所あるよ!

 

自分のいる場所から近いところをえらんでね!

①バッラクストリート桟橋

パース市内を走っているバスで行けるので、市内のホテルにいるなら①がいいね

②フリーマントル・ビクトリアキー

フリーマントル駅から歩いて5分

③ノースポート・ラウスヘッド

駐車場があるので車で行くならここがいいよ!

 

③船に乗る時間をきめます

 

④自転車やシュノーケリングなどレンタルするか選ぶ

 

⑤車でいく場合は駐車場の予約も一緒にします

(自転車で島をまわるの最高だからレンタルをオススメ)

 

⑥個人情報を入力する

入力したらクレジットカードで支払いをして、メールを受け取ります。

これでおわりー!メールにチケットが添付されてくるので削除しないでね

チケットは印刷していくのがベストなんだけど、どうしてもできなかったらメールでも大丈夫だったよ

 

フェリーに乗る

乗り場③ノースポートはこんな感じ!

 

チケットオフィスでチケットを発券してもらいます

 

駐車場をつかう場合は、車におくチケットももらうのでダッシュボードに乗せておいてね

 

フェリーの中はこんな感じ

朝のはやい便にすると乗る人も少なくていいよ〜

 

ロットネスト島の楽しみ方

ロットネスト島に到着したらあとは楽しむだけ!

もし自転車をレンタルしたら、フェリーを降りてすぐ自転車を受け取ります

このとき自転車のチケットが必要だからわすれないでね

島のオフィス(?)で島のマップをもらえるから、これはもらっておいたほうがいいよ!

マップをみるとクォッカがおおくいるポイントとか、食事できるところ、サイクリングロードがわかるからぜひ!

オーストラリアの大自然はマジでサイクリングにぴったりです

 

自転車に乗って風を感じながら、クォッカを探すとおもしろいよー!

 

ちなみに、夏で暑いのでかならず水を持っていきましょう!

自転車を受け取ってまっすぐ行くと飲み水用のをくめるところがあって、ボトルを持っていたらここで入れてね

お水買うと高いからこれを使うのがオススメ。

 

ピカチューのモデル クォッカの注意点

クォッカは警戒心があまりなくて、人がいてもクォッカから近づいてくるよ!

 

だから写真はめっちゃ撮りやすい。

写真を撮る時のポイントとして、上から撮影しても笑ってるようには見えないからクォッカと同じ目線で撮るのが大切!

そうするとこんな写真が撮れます👇

オススメとしてはGoproを地面に置いておいて、近づいてきたらスマホを使って遠隔でシャッターを切るのがめっちゃ可愛く撮影できるよ!

後ろで必死に撮っている私とiPhoneでGoproのシャッターを切る夫。

Goproじゃない時は膝ついて四つん這いになって撮ったよ笑

 

ちなみに、写真を撮りたいからって追いかけるとクォッカにめちゃくちゃストレスからかかるから注意です。

追いかけるのはやめましょう〜!

もし自撮り棒をつかうにしても自分から追いかけないで、近づいてくるのを待つのがGOODです

追いかけなくても、ちかくで座っていると勝手に近づいてくるから気長に待とうね!

 

ロットネスト島にあるお店

島にはいくつかお店があります。

わたしたちがご飯を食べたのはココ👆

ここでフィッシュアンドチップスをたべました。

 

ほかにもレストランはあったし、サブウェイやベーカリー、アイスクリーム屋さんもあったよ。

 

コンビニとお土産やさんが合体しているのもあって、クォッカ入店禁止ゲートがかわいいよね!

 

ロットネスト島にいる動物たち

じつはクォッカ以外にもクジャクがいます!

でもこの1匹だけなの。というのも前はメスもいたんだけど本島帰っちゃったらしく、残るはオスだけになっちゃったらしい

繁殖もできないから、このオスが死んじゃったらロットネスト島のクジャクは絶滅するってこと

ちょっと悲しいよね

とは言いつつ、初めて間近で見たから毛の綺麗さに感動した!

 

トカゲや蛇もいるよ!

日本ではなかなか見ないけど、オーストラリアではよくいるよ!

爬虫類好きはうれしいんじゃないかな〜

ロットネスト島に簡単に行く方法

日本からクォッカに会いに行くのはめちゃくちゃ遠いよね

そこで、知ってほしいのはワーキングホリデーでオーストラリアに行くと国内旅行で行けるんです!

(余計ハードル高い説www)

 

ワーキングホリデーは、18~30歳の人が1〜2年オーストラリアに住める手段です。

しかも働いてもいいし、学校行ってもいいし、遊んでてもいい。

何をしてもいいなんて最高じゃない?

しかも情報とやり方を間違えなければめちゃくちゃ稼げるからね。

オーストラリアへは1年間で1万人もの人がワーホリで移住しているんだよ。

もし「え、ワーホリ気になる!」ってひとはコチラもどうぞ〜!👇

ピカチューのモデル会えるロットネスト島まとめ

クォッカはこの島にしかいないかなり貴重な動物です

日本から行くのは遠いけど、動物好きにはもってこいな島ですよ〜!

 

ぜひ行ってみてね!

 

ということでカサイチカでしたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です