\\看護師派遣のバイトに行ってみた体験談…!//

看護師を辞めて後悔!?退職したのに感じた後悔を経験者が本音で語る

どうも~看護師バックパッカーのカサイチカ@chi___zです

この記事を読んでくれているということは、あなたは「看護師を辞めたい。もうこんな仕事したくない!」って悩んでいると思います。

看護師の仕事は残業も多くて、委員会や勉強会で休日出勤もあるから自分の時間をゆっくり過ごすことができない。

そして患者が亡くなるのを目の当たりにして、精神的にもつらい。

それなのに、年々仕事は増えていって責任も重くなる。

 

看護師として働いると、何度も大変なことにぶつかりますよね。

わたしは看護師から一回距離を置こうと決めて退職したんですが、

メリットたくさんあった!と思う反面、デメリットもいくつか感じています。

この記事では看護師を辞めることのメリット、デメリットについて、わたしの体験を交えてお話していきます。

「もう看護師なんて辞めてやる!」と思っているあなたが勢いで辞めて後悔しないように、参考にしてみてください。

\今すぐ環境を変えたいならまずは登録/

看護師を辞めてよかったこと

看護師を辞めてよかったな〜と感じることはたくさんあります。

生活リズムが整って痩せた

看護師を辞めて、というより転職して夜勤のない部署で働いていたころから何ですが、

生活リズムが整って体がすっごく楽になりました。

食欲もコントロールできるようになって、10kg痩せたんですよね。

身体も軽くなって、体調もよくなって、控えめに言って最高でした。

 

辛い人間関係とオサラバ

転職して働いた先の人間関係は最悪でした。

患者のことをどうでもいいと思ってしまうほど心は病んで、自分のことしか考えられない性格になるくらい…。

でも辞めたらそんな環境ともオサラバです!

あの場から離れることができて本当にスッキリしましたね!

(最初の職場は人間関係がよかったのでめちゃくちゃ寂しかったですが…)

もう二度と見たくない!と思うお局ナースのことをたまに思い出しちゃうんですが、

いまの自分の生活が誇らしいので「見返してやったぜ!」くらいに思ってます。笑

 

やりたいことに何でも挑戦できる!

わたしのやりたいことは「旅」でした。

いろんな国に行って、いろんな価値観に触れて、たくさん経験して…。

仕事というしばられる物がないから、自分の欲望のままチャレンジしまくっています。

自由な時間に起きて、ゆっくり起きる朝は最高ですね。

看護師は国家資格があるので、いつでも仕事に戻れる保険がありますよね。

だからこそ辞めていろんなことにチャレンジできているので、看護師になってよかったなぁと本当に感じています。

看護師を辞めて後悔したこと

もちろん自分が看護師を辞めたくて、決断して辞めたんだけど、人間っていうのは思いもしないタイミングで後悔する人間なのかもしれないですね。

「後悔してない」と言ったらウソになるので、看護師を辞めるデメリットを紹介していきます。

退職後の支払いが…

看護師を辞めると一気に支払いが襲ってきます。

今まで職場は負担してくれていた分も自分で全部払いますし、その処理もめんどくさいです。

・住民税

・年金

・健康保険

まず退職したらこれらの手続きが必要です。そして支払額をみて「マジか…」と凹みます。

そもそもハローワークや役所での手続きもめんどくさいですしね。

あとは「奨学金」です。

お礼奉公の場合は決められた期間働かないとお金を返さないといけないです。

お礼奉公じゃなくても収入が無くなる、もしくは減るのに返金していかないといけないので金銭的には大変ですよね。

わたしは仕事を辞めた今も返し続けてます。笑

 

家族孝行できてない

看護師を続けていたら収入も安定していて、母親が遊びに行きたいといえばお小遣いだって渡せただろうに。

なにもできてない自分に情けなくなる瞬間もあります。

せっかく学校に行かせてくれたのに看護師として働いてない期間が長いことも申し訳ない。

自分のやりたいことを突き通すのはカッコイイかもしれないけど、何かを犠牲にしていることもあるんです。

自分の人生は一度切りしかないから楽しまないと損します。でも家族のことをテキトーにするのも絶対後悔する。

「すまんの、家族」とちょっと後悔しています。

 

看護師仲間が生き生きしてるとき

わたしが最初に就職した病院では人間関係に恵まれて、ほんとうにすごい先輩たちばっかりでした。

その先輩たちが、知識も経験もさらに積み重ねて超プロフェッショナルになる姿をみていると、

ちょっと嫉妬しちゃう自分がいるんですよね。

「わたしも辞めてなかったら、もっと心臓のことを極められたのに」って。

こんなふうに感じるとは思ってもみなかったから自分でもびっくりです。

離れて気づく「本当は仕事好きだったんだな」っていうやつを感じたんですよね。

自分の可能性を自分で捨てたような気がしちゃってるんです。

 

ブランク明けは緊張がやばい

看護師って技術職だし、知識も必要ですよね。

経験が物を言うとことがあるから、ブランクがあると次に働くときめちゃくちゃ緊張します…!

初めての職場に行くこと、初めてスタッフと働くこと、自分のブランクがあること、いろんなことが押し寄せてきて

ガッチガチに緊張します。笑

久しぶりに針を持つと感覚を忘れているから手が震えそうになるんですよね。

難しい血管だと失敗しやすいですし…。

 

\今すぐ登録して後悔しない人生を!/

後悔しないために準備しておくことは◯◯!

看護師を辞めて後悔するなんてイヤですよね。

でも仕事はつらい。

それなら働いている間にしておくべきことがいくつかあります。

この準備をしっかりしておかないと、看護師を辞める前よりも大変な思いをすることになりますからね。

貯金はしておくべき

上でも説明したんだけど、職場を退職したあとに支払いがドカッ!と来ます。

住民税は辞めたタイミングによって変わるんだけど、10万近く払うこともありますよ…。

しかも失業保険(雇用保険)は自己都合で辞めた場合は、支給してもらうまで3ヶ月かかります。

そして3ヶ月にわけて受け取るので、全部の支給が終わるまでに半年かかります。

わたしがもらった時は1回で10万円ちょっとだったので、生活費で消えて贅沢はできませんよね。

そして仕事を辞めたからには旅行にも行きたいじゃないですか?

退職したらお金かかることがいっぱいなので、最低限の貯金はしておきましょう!!

 

心の余裕の作り方を知っておく

つらかった仕事を退職して気分は晴れると思います。

でも人によっては「これからどうしよう…」と悩む場合もあるんですよね。

そして金銭的な余裕がないと一気に焦って、下調べも十分じゃないまま就職しちゃうことがあるんです。

これって本末転倒じゃないですか?

せっかく仕事をやめて「時間的余裕」ができたのに、「心の余裕」がないと元も子もない。

自分のこれからを考えていくなかで時には不安になってしまうこともあると思うんです。

あなたがどうやって心の余裕を作れるか、あなた自身と向き合っておくことをオススメします♪

まずは退職よりも転職を考えるほうがいい理由

看護師って「あ〜辞めたいわ〜」が口癖になっている場合もあると思うんですよね。

実際にいま日本で働いてる看護師の75%は、辞めたいと思いながら働いてるって結果が出てるくらいです。

でも、わたしは思うんです。

「看護師辞めるくらいなら、転職のほうがよっぽどいいよ」と。

とくにやりたいこともないのに看護師を辞めるのはデメリットが大きいんですよね。

「看護師=病院で働く」ってルーティーンができていて、ほとんどの看護学生は病院に就職します。

でも、知られていないだけで病棟看護師以外でも働ける場所はたくさんありますよね。

わたしも派遣でバイトをしたとき「看護師ってこんな仕事もあるの!?」って驚いたんです。

同時に自分は看護師なのに、看護師免許の多様性をなにも知らなかったんだな…と反省したくらい。笑

本当に看護師の仕事って幅広いんですよね。

 

今の職場をやめること=看護師を辞めるではありません。

あなたが看護師として働ける環境はもっともっとあります。

だからまずは看護師を辞めるんじゃなくて、看護師が働けるいろんな職場を探してみて、それから考えたらいいですよ!

MC─ナースネットでは看護師だけができる1日単位のバイトや、社員旅行の付き添いをするツアーナースなどいろいろな求人を持っています。

「看護師なのに楽しそう!」と思える仕事を経験することで、看護師に対するイヤなイメージも消えるし、

なにより今までとは違う経験ができます。

経験はお金で買えないめちゃくちゃ大事なものです。

その経験が価値観を壊してくれるし、これからの看護師の働き方を考えるきっかけになりますよ。

 

\新しい看護師の道を開きたいなら登録!/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です