\\看護師なのにできるノーストレスな働き方はコチラ//

看護師がリハビリデイサービスで働くとどんな感じ?1日の流れと体験談を紹介。

どうも~看護師バックパッカーのカサイチカ@chi___zです

デイサービスで働くってどんな感じだろう?

学生のときに実習行ったけど、ほかの施設のことも知りたいな。

そんな声が聞こえてきた(気がする)ので、わたしが働いていたリハビリデイサービスのことを紹介していきたいと思います!

まず看護学生が就職するのは病院、そして結婚出産を機に外来やクリニック、施設で働くのが多い流れですよね。

でも夜勤や病棟の仕事に疲れたな…というときの選択肢に「デイサービス」があってもいいと思うんです。

ちがうフィールドで働くことは、看護師としても人生のなかでもプラスになりますし!

わたしは仕事ばっかりの生活じゃなくて、自分のすきなこと(旅)と仕事を両立したいと思って、一時期リハビリデイサービスで働きました。

バリバリ働いていたときとは違う充実感があって、たのしかったのでシェアしていきたいと思います!

「こんな働き方もあるのか〜」と参考にしてもらえたらうれしいです〜!

 

リハビリデイサービスの1日の流れ

わたしが働いていたリハビリデイサービスは午前と午後の2部構成で運営していました。

午前の部の利用者さんと、午後の部の利用者さん、それぞれへケアを2回するということですね。

では、1日の流れはコチラ👇

  • STEP.1
    出勤
    職場へ出勤します。わたしは車で行ってました。
  • STEP.2
    お迎え
    午前の部の利用者さんのお家へ会社のワゴン車でお迎えに行きます。一度で2~5人迎えに行ってました
  • STEP.3
    リハビリ実施
    バイタルサイン測定をしたら、平行棒を使った運動やリラクゼーションなど5種類ほど実施していました。同時に記録を書いたり、順番でお昼ご飯休憩を回します。
  • STEP.4
    送迎&お迎え
    バイタル測定と利用者さんのコーヒータイムが終わったらご自宅へ送迎します。その流れで午後の部の利用者さんのお迎えに行きます。
  • STEP.5
    リハビリ実施
    午前と同様にバイタル測定後リハビリを行います
  • STEP.6
    送迎
    ご自宅へ送迎します
  • STEP.5
    残りの仕事を片付け
    残っている記録の仕事や洗濯、掃除をします
  • STEP.5
    帰宅
    お家へ帰ります

 

1日の流れはこんな感じです。

2部構成だと送迎も2回あるんですが、午前の利用者さんを送ったあとと午後の利用者さんを迎えに行く間は休憩時間でした。

コンビニの駐車場や公園などで一人の時間をゆっくりできたので、いいリフレッシュができましたね!

看護師がリハビリデイサービスですることは?

基本的には他のスタッフ(介護士、理学療法士)と変わらず、リハビリの提供をしていました。

わたしは循環器でずっと働いていてリハビリに関しては素人だったんですが、

軽い筋トレがメインだったので他のスタッフのケアをマネするところから始めていきました。

ほどんどが60代以上の高齢者で、介護認定を持っている方たちだったので激しい運動はしません。

なので体の構造に関する基礎知識があれば、対応できます!

慣れてくると「高齢者に必要なこと×自分の知っていること」を考えて誤嚥予防の体操をしてみたり、

チーム対抗戦でゴルフをやったりしました。

 

看護師としての仕事は利用者の体調管理の把握です。

スタッフがバイタルサイン測定をして異常があったときに報告をもらって、詳しい情報収集をしたり、

リハビリができるかの判断をしていました。

利用者さんによっては

「今朝うちで転んだんだ」

「足のむくみすごいの」

「風邪ひいた」

ということがあったので、週に1〜2回の利用でも「前回と比べてどうか」という変化を見ていました。

看護師がしなければいけない急変の対応

そして重要なのが急変の対応です。

リハビリデイサービスを運営するのに必ず看護師が一人いないといけない決まりがあるんですが、

これを意味するのは「自分以外は頼れない」ということです。

他のスタッフは介護士や理学療法士がいますが、何かあったときの対応は難しいです。

 

わたしが働いていたとき、利用者さんが脳梗塞のような症状が出た方がいました。

一緒に話していたと思ったら、いきなり反応がなくなり顔色が悪くなったんです。

すぐにベッドに寝かせてバイタルを測ろうとしました。

同時に他のスタッフに「血圧計とって!」と言ったんですけど、水銀血圧計だけ渡されてしまって…

当たり前なんだけど、相手が看護師だったら聴診器が必要だということもわかるはず。

(細かいんだけど、急変はこの一瞬が重要なので…)

そして、患者の対応をしている間に救急車を呼んでもらったんだけど

「なんて説明すればいい!?」

と言われてしまって、全て自分でやらないといけない現状に一瞬キャパオーバーになりました。

(もちろん他のスタッフが悪いわけじゃなく、職業の役割なので仕方ないことです)

 

結局その利用者さんは一過性脳虚血発作だったので、病院に行って落ち着いたので一安心。

とりあえず、今まで何回も急変の対応をしてきた経験があってよかったと思う瞬間でした。

看護師がリハビリデイサービスで働くデメリット

メリットだけじゃなく、もちろんデメリットもあります。

・看護技術を一切しない

・頭を使わない

・勉強しない

・利用者さんの家を覚える

・給料がかなり低くなる

・送迎で使う会社の車で事故ったらシャレならない

リハビリデイサービスでは看護師らしい仕事はほとんどありません。

注射することもない。オムツ交換も、傷の処置も、ドレーンの管理も何もしないです。

人によってはメリットかもしれないけど、この仕事が長くなれば病院に復帰するのが怖くなりそうですね。

アセスメント力や知識も落ちていくのが心配だった記憶があります。

 

働き始めに大変だったのが、利用者さんの家を覚えるということでした。

わたしは住んだこともない町で働いたので、目印になるものも、何もかも知らない状態だったので

迎えに行く家の住所を全部ナビで登録したりと大変でした…。

 

わたしが病院で働いていたころ全ての手当込みで23~25万ほどでした(北海道は都市部と比べると安い。物価も安いけど)

でも、リハビリデイサービスは17万前後…。撃沈です…。

自分の価値も下がったように感じて辛かったです。

その分ストレスが少なかったから、無駄に散財することもなくてよかったけど。笑

仕事が楽だったから仕方ないね。

 

仕事で使う送迎車は会社のものです。

NOAやヴォクシーなど大きい車を運転するので、慣れてないひとはこわいかもしれないですね。

わたしは運転することに問題はなかったけど、利用者さんを乗せた状態で事故を起こしたらシャレにならん…と思ってドキドキでした。

看護師がリハビリデイサービスで働くメリット

わたしにとってリハビリデイサービスで働くメリットはたくさんありました!

デメリットもあったけど、メリットのほうが大きかったです!

いい意味で、いままで病院で働いていたときの価値観が壊されましたね。

わたしが感じたメリットはコチラ👇

・利用者さんが笑顔、パワフル

・バタバタと忙しくない

・残業が少ない

・自分のケアで利用者が死ぬことはない

・オフの時間を楽しめる

・規則正しい生活

・土日休み(家族との時間を過ごせる)

・利用者さんが作った野菜をもらったりしていた(笑)

病棟で働いていたときのデメリットが、全てメリットになったような感じです。

病院で治療している患者は病気と戦っているので、どうしても心のケアも多かったんですが、

リハビリデイサービスだと逆に元気をもらうくらい笑顔で溢れていました。

責任というプレッシャーもなくて、ストレスなく働けたし、規則正しい生活を送ってメンタルが落ち着いたのも大きかったですね。

そして利用者さんをお家に送り迎えするので、家庭菜園で作ったミニトマトを内緒でもらったり、利用者さんと仲良くできたのも楽しかったです。

リハビリデイサービスで働く方法

リハビリデイサービスで働く方法はいくつかあります。

・ハローワークへ行く

・地元の情報紙、新聞の求人欄を見る

・転職サイトへ登録する

など。

ハッキリ言って簡単です。病院の就職よりも簡単だと思います(経験的に)

というのも、福祉施設は「看護師を何人配置しないといけない」という決まりがあるんですね。

求人が出ている時点で、施設側は看護師が欲しい状況なんです。

病院って看護師がゼロになることはないし、組織として大きいからまわしやすい。

でも福祉施設系はわりと「看護師の免許持っている人が今すぐ欲しい!」というところも多いので、採用基準が低いんですね。

わたしも面接してその場でOKでした。

でも、働く場所は気をつけましょう…👇

わたしが働いたデイサービスがヤバかった体験談

ここまで体験談を含めて書いていますが、ぶっちゃけて言うとそのデイサービスの中身はヤバかったです笑

そのやばかった理由は…管理者です。

普通に利用者さんが持ってきた利用費を使ってたんですよね。簡単に言えば横領?笑

私たちは知ってたけど本人はうまく誤魔化せてるつもりだったらしいです。

 

そして色々あって、わたしが退職するタイミングでほかのスタッフも全員辞めました。

そのあと聞いた話では、その管理者が利用者さんにお金を借りて、返さないまま失踪したらしいです。

 

…そんなことある?笑

 

ここで本当に誤解しないでいただきたいのが、ほかのリハビリデイサービスは違うってことですよ!!

たまたま私が働いたところが危ないところだったんです。

フツーに考えてこんな職場に遭遇する方がおかしくない?笑

 

まれにこんなこともあるので、病院の就職と同じで、もし働く場合はどんな職場か下調べをしましょう!

紙面だけみて決めると、情報を拾いきれないので転職サイトを使うことをオススメします。

 

ちなみにわたしがお世話になっている転職サイトの紹介はコチラです👇

看護のお仕事

正社員じゃなくてパートや派遣で働きたいという人はコチラ👇

看護師でも自由に働ける。派遣のしくみとおすすめサイト2選!

 

ということで、リハビリデイサービスの1日の流れと、わたしのヤバかった体験談でしたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です