セカンドビザが降りない原因は一体なに?ビザ申請からブリッジング移行まで

ここに記載している情報は 2018 年 1 月 28 日の情報であり、2018 年1月 29 日 以降より法律等が変わっている場合がございます。この情報を元に手続きをす る場合、再度移民法等をご確認ください。 また詳しい情報が必要な場合は miki@hojuimin.com.au まで お問い合わせください。 

どうも~看護師バックパッカーのカサイチカ@chi___zです

早いもので1月7日でオーストラリアに来て1年が経ちました。

肥満大国で体重の増減を繰り返しております。どうも。

 

ところでセカンドビザってすぐ降りました?

「1秒で降りた」

「夜申請して、朝起きたら来てた」

「友達はなかなか降りてなくて大変そうだった」

「日数足りてなかったけどすぐ降りた」

「ファームジョブしてなかったのに申請してみたら降りちゃった」

とかとか…いろいろ聞きますよね。

 

…私ですか?

えぇ、降りてませんけど?

 

しかもすでにファーストの期限切れてますけど?

セカンドビザってなに?

説明しなくてもすでに知っていると思いますけど、決められた期間、場所で働くともう1年オーストラリアでワーホリを続けることができるビザです。

3ヶ月(88日)働くとビザを申請することができます。

ファーストと続けてもう1年でもいいし、一度帰国して数年後にまたもう1年オーストラリアでも暮らせます。

私は果物のファーム3ヶ所で88日以上働きました。

ちなみに「国に認められた合法ファームです。デイオフカウントあります」は合法じゃないです。デイオフカウントがある時点で違法なので、その言葉に安心しないでください。

セカンドビザを申請

申請するのは自分でもできます。

どうやって進めていくか日本語で詳しく解説しているサイトもありますが、

移民法の内容が変更されていて内容が合っていなかったり、解説内容そのものが間違っている可能性もあります。

不安な方はプロに頼みましょう。

1年目が終わって一度日本に帰る期間を設けるなら、日本から申請しないといけないので注意です。

オーストラリアから申請すると継続して2年滞在しないといけません。
(同時期にセカンドビザ以外のビザも申し込むと上書きされてしまう可能性があるので申込日には注意が必要!!)

 

継続して2年滞在する場合はビザ満了の最低でも1ヶ月前には申請したほうがいいです。

セカンドが降りなくて起こったこと

私のケースは1月7日がビザ満了の日で、8日には出国しなければいけませんでした。

セカンドビザの申請をしたのは…

1月4日……ばか!

 

1秒で降りると信じて疑わなかった結果のコレです笑

夫のmirokuも一緒に1月4日の夜に申請して、彼は翌朝にビザが降りてることが確認できてます。

私はというと…ビザ申請を受理したというメールすら届いてない。

 

友達にもアプライしたときの状況を聞いたところ

すぐメール来てビザも添付されてたよー!メール来ないってことはメールアドレス間違ってるんじゃない?

いやいや、そんなわけ……って、間違えてるわぁぁぁぁ!!

まさかのメールアドレスが間違っているという痛恨のミス。

しかし、その時点で↓Receivedとなっているので申請を受理されていることは確か。

ということで、セカンドビザが降りてない理由はメールアドレス間違いではない。

今自分に起きてる問題は

1、メールアドレスが間違っている

2、セカンドビザが降りてない

3、ファーストビザ満了まで日にちがない

 

順番に解決していこう。

申請した内容を修正する方法

最初にメールアドレスが間違っていることをどうにかしなければ。

 

まずimmiAccountにログインし、自分のページに行きます。

赤枠のUpdate usから修正を行います。

Update usを押し

何をUpdateするか、というページに来ます。

だいたい変更するときに使うのはこの項目だと思います。

1、住所変更

2、Eメールアドレス変更

3、パスポートナンバー変更

 

私はメールアドレス変更をしたかったので赤字で2の「Change of email address details」を使いました。

そこをクリックすると

正しいアドレスを入れる空欄があるので、入力し「Next」をクリックします。

名前とアドレスが表示されます。

「Submit Form」をクリックします。

すると、確認メールが届きます。

メールに乗っているURLを開き、

メールアドレス変更が完了されたと表示され、終了です。

 

セカンドが降りなくてブリッジングビザに移行

このままセカンドが降りなかったら不法滞在になってしまうのでは!?!?

とりあえず移民局に問い合わせてみよう!

と思ったのはいいが、その日は1月6日土曜日。

移民局が営業している月曜日は1月8日でオーストラリアから出国してないといけない日。

 

果たして間に合うのか…。

移民局の電話番号を調べてもなかなか発見できず、最初に見つけたのが日本語通訳を介して移民局に電話する、という電話番号。

英語力が低いうえに、難しい話になりそうだったので頼ってみることにした。

電話番号 131 450

(日本からかける場合は 001-010-61-3-9268-8332)

電話をかけると音声ガイダンスで

音声ガイダンス

どこの国のことば使いたいねん

(機械に答えて通じるのか…?とりあえず) JAPAN

しばらく待たされ、人間のお兄さん(移民局さん)登場

移民局さん

へい。どこの国のことばの通訳必要やねん

Japanese please

通訳のお姉さん

こんにちは!今日はどういったご用件でしょうか

セカンドが降りない、メールアドレスが間違っていたので修正したが受理したというメールも来ない、もう今日で出国しないといけない、とりあえずいろいろヤバみがすごい

移民局さん

セカンドビザのアプライ自体は受理しているから降りるまで気長に待って〜。

メールアドレス間違ったままやで〜。今この電話で直しとくで〜。

日本人はビザが切れたら自動的にブリッジングビザAに移行するから何もしないでいいやで〜。

ほう。

メールアドレス修正できてなかったんかい!!!!!

 

ということで、セカンドビザが降りるまでの期間は自動的に移行したブリッジングビザAで今まで通り滞在、仕事もできるとのこと。

(しかし1日でも違法滞在があった場合はブリッジングビザCまたはEになるので、ビザ発行されたときに必ずビザの内容を確認しましょう。

また、コンピューターメンテナンス中の場合はすぐにブリッジングビザが降りないことがあります。3時間〜3日間かかることがあるので注意)

 

一安心。ブリッジングビザAのPDFも送るやで〜って言われたから送られてくるの待つこと2日…

その間は仕事できなかったのでもう一回移民局に電話してみたところ

移民局さん

メールで送るなんて言ってないで〜自分でイミグレ見てやで〜

!?

言ってたじゃん…言ってたから待ってたじゃん…

でも前回話したスタッフとは違う人が今回電話に出たから「メールで送るって言った」を主張しても意味はない。

さらにイミグレのサイトにログインして確認してって言われたけど、

この二日間ブリンジングビザに切り替わったと表示がされてなかったので、確認ができてない状況だった。

だから職場にも提出できないし、働けないのは困る!

ログインしても確認が出来ないんだ〜とりあえずメールで送ってくれ〜!と頼んだら再送してくれた。

いろいろあったけど、無事にオーストラリア滞在継続できるブリッジングビザAをゲットしたのである。

セカンドビザ申請の落とし穴

申請するのは自分でもできますが!!!

多くの人がファーム行ったことを証明する書類のことを知らなくて、ちゃんとファームに行ってたのに証明する資料が足りなくてビ ザを断られたことが多いです。

セカンドビザが降りるまでの仕組み(グラントされた場合)

①1秒で降りた→ [コンピュータの評価をパス]

②夜申請して、朝起きたら来てた
→[コンピューターの審査が通らなかったため スタッフが朝来て確認してパス]

③友達はなかなか降りてなくて大変そうだった
→政府が農場やあなたを信頼しなかった可能性があり、場合によってはより多くの情報を定時するよう求められます。

(場合によっては情報求められず、すぐにRefusedレターが届きます)

時にはテロ対策のためセキュリティ評価を含む場合には、もし誰かがファームまたは、あなたのことを偽りであると国へ報告したら時間がかかる場合があります。

④日数足りてなかったけどすぐ降りた
→詐欺、犯罪 – 見つかった場合 10 年オーストラリア入国禁止

⑤ファームジョブしてなかったのに申請してみたら降りちゃった
→詐欺、犯罪 – 見つかった場合 10 年オーストラリア入国禁止 – その上、10年たってもビザ出してくれない可能性があります。

 

ちなみに「日本人でセカンドビザが降りなかった」という情報を耳にしたことありますか?

私は今のところないです。勝手に

やっぱり日本人のパスポートって強いんだな〜オーストラリアから信用されてるんだな〜

と呑気に思ってましたが…

実際日本人でもセカンド降りてない人はいます!!

さらに最近ではセカンドの他にも学生ビザ、観光ビザも難しくなってるのが現状です。

なんで耳にしないかというと…セカンド降りなかったなんて恥ずかしくて言えない…もう日本に帰らないと…と誰にも言わず帰国する人が多いから。

移民局の人の情報が全て正解ではない

移民局で働いてる人=移民に関する法律を完璧に理解している法律家ばかり が働いているわけではない!!
日本の役所のように一般業務のスタッフもいます。

セカンドビザが降りないときのまとめ

余裕を持って早めに申請しましょう!

(一旦日本に帰ってからセカンドで戻ってくる人は日本国内から申請してね。でも日本から申請した場合はオーストラリアから申請するよりも日数がかかる場合があるよ)

 

ものすっごいソワソワドキドキするけど、ブリッジングには自動的に移行するから安心しろ!
(コンピューターがちゃんと起動していて、メンテナンス中じゃない場合に限る)

でもブリッジングビザが確認できるまでは働けなかったりするから注意だ!

 

そして、入力間違いがないかの確認を徹底してくれ!!!!!!!

どんな仕事でも確認は大事だぞ!

ビザの申請とか、結構重大なイベントに入力間違いは超イタイ!!

 

まとめ の まとめ

自分でも申請は出来るけど、確実にビザをゲットするにはどうすればいいの?
って話。

ワーホリで滞在している人は今後のプランを考えながら行動してる人が多いと思います。

セカンドビザを取ってからの予定が全て台無しになってしまうのはもったいない。
というか、しっかりファームジョブをした自分がセカンドを取れないなんて屈辱…悲しい…

もちろん違法ファームか否かしっかり情報収集するのも大事。

確実に取るにはプロの力を借りましょう。

自分でビザ申請をし不足点があったばっかりにブリッジングになって
「いつセカンド降りるんだろう」
と不安でいっぱいの日々を過ごすよりも、プロに依頼してほぼ100%完璧な申請書を作った方がビザが降りる確率は格段にあがります。

そのプロ(マイグレートエージェント)がいるエージェントがコチラ。

HOJU IMIN
このHOJU IMIN(ほーじゅーいみん)には移民に関する国家資格を持ったスタッフが代行申請から、申請後スムーズにビザが降りなかった時の対応まで対応してくれます。
日本人スタッフも在籍しており、英語がニガテな人でも安心して相談できる環境。

エージェントと一言で言ってもマイグレートエージェントの資格がなく働いてる人がいるのも現状なので、移民に関することを完璧に理解しているプロを紹介させていただきました。

 

最後に…わたくし、この記事を書いている1月28日現在もまだセカンドは降りてないけども、みなさんがスムーズに降りることを祈っております(遠い目)

追記2018/4/24
セカンドビザ申請から1ヶ月半後、いきなり移民局から一通のメールが…
なんと!セカンド降りました!!!!
追加で書類など送る事もなくただひたすらドキドキしながら待ってた1ヶ月半。
よかった…。

 

監修: Migration Agent: Miki Lim MARN: 1797799

HP: https://hojuimin.com.au/ miki@hojuimin.com.au

 

3 COMMENTS

Yui

私はセカンドビザ最初のアプライから4ヶ月。ドキュメントの追加書類の提出で既に2ヶ月経っていて、先週移民局に連絡をしましたが、ただ待つのみ。との回答でした。あれからセカンドビザは取得できましたか?

返信する
mucchan

コメントありがとうございます!わたしは申請してから1ヶ月半でいきなりメールが来て降りました。トータルで半年待っているということですか?すごい心配ですね…。私の友人もなかなかセカンド降りなくてブリッジングになってます。私が連携させてもらってるHOJUN IMINはなかなかセカンドが降りないときも移民局に問い合わせてくれるんですが、もし心配だったら連絡してみてもいいかもです!料金もかかるので本当に心配だったら…話聞くだけでもいいと思いますし♪

返信する
りっきー

はじめまして、こんにちは。今丁度ファーム就業中でセカンド目指してる者です。
年々オーストラリアの全種類のビザ取得が厳しくなってきていますよね。実際ファームにも行っていない連中が$2,000払ってセカンドビザを買う、観光ビザで働いている連中がかなり摘発されているみたいですね。
こういう一部のくだらない連中のせいでシワ寄せが来ているとしか言いようがありません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です