\\看護師なのにできるノーストレスな働き方はコチラ//

看護師の成長を遅くさせる罠にハマってる新人と先輩はコチラへ

はろー!カサイチカです。

看護師として働きはじめてから想像以上に大変な毎日を送ってるみなさん、本当にお疲れ様です。

自分なりにがんばってても先輩看護師に

なんでそんなこともわからないの!?

と怒られたりしてませんか?

わたしも新人のときは何から考え始めて、動けばいいのかわからなくてよく怒られてました…。

でも、新人を教育する方になってから考えてみたら同じように

なんでこの時期にこれがわからないんだろう?

と疑問に思うことが何回もあったんです。

そして考えてみたら、先輩看護師と新人看護師の考え方には絶対に見逃しちゃいけない大きなズレがあったことを発見したんです!

このズレ(罠)があるから、新人の成長は遅くなる…。

この記事では、「そのズレとは何か」「新人が成長をスピードアップするコツ」をお話していきます。

成長が遅いと言われてる新人さんは自分に何が足りなかったか知ることができますよー!

そして先輩になって指導するときもめっちゃ使えるのでぜひ読んでみてください!

仕事の責任の重さが教育の丁寧さを作る

看護師の仕事はちょっとしたミスで患者の命に関わる責任の重い仕事ですよね。

だから新人のうちはミスがないように先輩が0~10まで教えてくれて、やることも指示してくれる状況になる。

指導を受けるときも先輩からこんな感じで聞かれてませんか?

「どうしてそう思ったの?」「なぜこの検査が必要だと思う?」

あなたがしっかり理解できているのか確認してくれますよね。

看護業界にある手厚い教育が新人の成長を遅くして、指示待ち人間を作り上げてしまうんです。

じゃあもっと教育体制を軽くしていいかと言ったら違うから難しいところ。

適当な指導をして医療ミスに繋がったら患者も家族も、医者も先輩も…あなたも!全員が困るからね。

新人が自分で考えなくなる仕組み

先輩の指導は患者のため、医療事故をなくすためにもサポート厚めにすることが大切だと思います。

でもその指導で新人が指示待ち人間となって自分で考えることを辞めちゃいがちになるんだよね。

新人が早く成長するコツはアセスメント!

新人が早く成長するコツは常にアセスメントする意識を持つこと!

新人看護師の頭の中って、いろーんな事を考えてていっぱいいっぱいになってますよね。

でもその中で自分でアセスメントするクセをつけないと成長が遅くなるし、そして先輩からも心配されるようになるんです。

先輩はあなたに何を求めているかというと、インシデント事故を起こさないで安全に仕事をすることと、毎日少しずつ成長すること。

とくに成長がわかりやすいのは報告するとき

起きた事をそのまま報告されても先輩は困るんです。

 

優しい先輩は

どうだった?

なんでそう思う?

じゃあどうしたらいいかな?

って全部聞いてくれますよね。(そうじゃない怖いひともたくさんいるけどwww)

 

こんな風に丁寧に聞いてくれると新人のあなたは考えること(=アセスメント)をしなくなりますね〜

成長を早めるコツは、アセスメントするクセをつけて行動すること。

この繰り返しです!

自分でなんでだろう?どうしたらいいだろう?を考えることが成長への近道です。

これは新人だけじゃなくて、年数を重ねてからも行動しながらアセスメントしてるひとは仕事を終わらせるのすごく早いからね!

さいごに

簡単なようで簡単じゃないのは本当〜〜〜にわかります。

目の前にやらなきゃいけないことがありすぎて、考える余裕なんてない!と思うときはたくさんある。

でも時間は流れるわけだし、後輩が入ってきたとき、あなたは先輩になるんです。

あ〜考えたくないね。笑

でも、いつか来るそんな日のためにちょっとでも成長できてたらいいな〜と思うので自分でアセスメントするクセをつけれたらいいなと思います。

自分の判断で動くと医療事故に繋がるから、先輩に確認は必ずしてね!

カサイチカ@chi___zでしたー! 

 

   続きを読んでみる▶︎      

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です