新人指導はコミュニケーション不足がミスを呼ぶ!先輩・新人は何を考えてる?

はろー!カサイチカ@chi___zです。

新人に指導している先輩。

指導されている新人。

ひとつのことを一緒にやっているはずなのに頭の中で考えてることはぜ〜んぜん違うことってありませんか?

先輩

わからなかったら聞いてくれると思った!

新人

聞きたかったけど忙しそうだったし、声掛けにくかった

こんな思い違いって本当にたくさんありますよね。

時間の余裕があるわけじゃないから、要点だけ伝えるとミスにつながりやすい。

コミュニケーション不足でおきる思い違いがミスを生んでしまうんですね。

どうしてそんな思い違いが起きるのか、新人看護師・先輩看護師がそれぞれどんなことを考えているのか徹底解剖してみました!

この記事を読むと指導のときに注意することが見えてきますよ〜

新人の気持ちは「不安」「教えて欲しい」

新人看護師は仕事している間ずーっとに不安を抱えています。

(不安を感じてない新人は自己判断で動きすぎてミスするパターンもありますね笑)

▶︎間違ってないかな?
▶︎時間かかりすぎてないかな?

▶︎先輩いそがしくないかな?
▶︎声かけてもいいかな?

▶︎対応の仕方がわからない!

▶︎先輩に怒られる?

▶︎どうしよう。パニックです。むしろ思考回路停止。

看護学生のときは、指導者や引率の先生がいて、できるケアも限られていましたよね。

必ず付き添ってくれていたので安心していたけど、いざ看護師になって仕事がスタートすると…

看護師の責任の重さに戸惑うんです。

気持ちがフワフワしたまま指導を受けていることも多いから、新人は「わかりやすい指導」と「確認してもいい状況」を期待しているんですね〜

何より不安が軽くなることを望んでるわけです。

先輩の気持ちは「聞いてくるだろう」「考えて欲しい」

先輩が新人を指導するのが日常な世界。

でも先輩だって忙しいじゃないですか。看護師は平均的にどこの病院もマンパワー不足で、新人指導のための人員は確保できないのが現実。

先輩は自分の業務をしながら指導しているわけです。

そう、付きっきりで指導ができないから新人ができるところは任せて、できないところは一緒にする。

その線引きが難しくてコミュニケーションエラーが起きやすいんですね。

▶︎わからなかったら聞いてくるだろう

▶︎自分でアセスメントする癖をつけてもらいたい

▶︎丁寧に教えたいけど、自分の業務がぁぁぁぁ〜…
▶︎検査出して、術後退室受け入れて、点滴交換して…あれ、新人さん大丈夫かな?

すれ違いで起きるミスのパターン

不安が大きい新人と、じぶんの業務もあるから忙しい先輩。

「わからないことは聞く」が原則の看護業界だけど、新人は病棟のいそがしい雰囲気に遠慮して、先輩に聞けないこともあると思います。

ミスがないようにコミュニケーションはとっていても、予想もしなかったことが起きるからミスが起きる。

その状況を絵で表してみます。

自分の判断に自信がないから一緒に来て欲しいと思いながらも、忙しい先輩に遠慮して伝えられない新人看護師。

本当はよくないけど、わりとあることなんですよね。

怖い先輩は「いつになったら自信持って一人でできるの?」って言ってくることもあるし…汗

 

「わからないことは自分の判断しない」をずっと伝えてきたはずの先輩看護師は、とうぜん確認不足の点を指摘しますよね。

業務中はどうしてもこんなコミュニケーション不足のミスが起きてしまうんですよね。

ミスを減らすにはやっぱりコミュニケーションが必須!

新人看護師と先輩看護師では求めているものにズレがあります。

そしてミスを呼ぶ。

インターネット、SNSが当たり前になっている現代では、人とコミュニケーションを取らなくても生きていけちゃうんですね。

看護師のなかでもコミュニケーションが苦手なひとはたくさんいると思います。

でも指導でいちばん大切なことは、自分の意見を言うだけじゃなくて、相手が何を思っているか考えること!

ようはコミュニケーションなんです。

相手が発した言葉だけじゃなくて、表情や目線、声質もツールのひとつ。

 

思い込みをすてて、まずコミュニケーション取りながら新人の理解力を確かめましょう!

新人はミスして怒られるくらいなら、確認が多すぎて怒られるほうがマシ!と思いましょう。

どっちにしろ怒られるなら、ミスする前のほうがぜっっったいいいよね!

 

さいごに

コミュニケーションって一言でいっても得意・不得意がありますよね。

言葉が出てこない人や、相手の顔色をうかがっちゃう人。

全員が上手なわけじゃないけど、看護師の仕事には必要不可欠なものなんです。

チームワークで成り立つ仕事だからこそ、業務をこなすのと同じくらい大切にしてほしいと思ってます。

 

カサイチカでしたー!

 

      続きを読んでみる▶︎      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です