【心電図】洞不全症候群SSSの読み方と看護を循環器ナースが図解で解説!

どうも~看護師バックパッカーのカサイチカ@chi___zです

きょうは洞不全症候群(SSS)について、究極にわかりやすく説明していきまーす!

洞不全症候群の英語名は「シックサイナスシンドローム」と言うんだけど、その頭文字をとってSSSと言われているよ。

地域性もあるかもしれないけど、「シックサイナス」って呼ぶこともあるかな(私の病院はそうだった)

SSSには3種類あって、こわい不整脈です。

でもそんなに複雑じゃなくて、理解しやすいと思います。とは言いつつ、簡単で素早く理解できるように解説していきますねー!(がんばる!)

 

洞不全症候群SSSの心電図を解説

SSSは3種類に分類される不整脈です。

その3つをまとめた総称がSSSなんですね。

ひとつずつ説明するけど、そのまえに

まずは不整脈を理解しやすいように、正常な洞調律(サイナス)を振り返ってみましょう〜

正常な心電図

これは基礎中に基礎だから国家試験にも出るし、学生のうちに叩き込まれたと思います。

洞結節▶︎房室結節▶︎ヒス束▶︎右脚・左脚▶︎プルキンエ繊維

の流れですね。

PQRSTが一定のリズムで現れている、この形が正常な脈(洞調律)です。

 

SSS 洞性徐脈

洞性徐脈 正常と変わらないけど、1分間に50回以下

メモ👆
スポーツ選手に心拍数の低下がみられることをスポーツ心臓といいます。
激しい運動によって心肥大+心拍数の低下が起こりますが、病気ではなく生理的なものなのだ!

 

洞停止または洞房ブロック

・洞房ブロック▶︎出現するべきタイミングにP波そしてQRSが現れない。

Pが出ないから補充収縮としてQRSが単独ででることもあります。

・洞停止▶︎タイミング関係なく、P波が出現しないパターン

 

この2つは判断が難しいです…

わたしもあんまり遭遇したことなくて、いきなり発見しても判断できないだろうなぁ…

徐脈頻脈症候群

頻脈性の心室細動OR心房粗動が起きていて、サイナスに戻る瞬間に伸びること。

心房細動とどう調律を繰り返しているけど、動き出したきっかけでなる。

 

この3つに関連するのは「P波が正しいタイミングで出現しない」ということです。

PQRSTの形は正常なのに、リズムがバラバラになったり、しばらくお休みしちゃうんですね。

心拍数の低下が起きてる瞬間は、脳血流量の低下が起きるから失神を起こすこともあります。

洞不全症候群SSSの検査と治療方針

検査

まずSSSの検査で必要なことは、24時間心電図をつけることです。

というのも、この不整脈はいつ起きるかわからないからです。

いや、どの不整脈もそうなんだけど治療方針を決めるうえで、SSSが1日に何回出現して、何秒心臓が動いてないのか観察する必要があるからなんですね。

入院している場合は病棟にある心電図モニターをつけて、一緒に24時間ホルター心電図をつけることもあります。

お仕事や学校がある人は外来で装着して、いつも通り過ごしてもらうこともありますね。

 

治療

SSSの出現が多い場合、そして本人の症状がひどく目眩や失神がある場合はペースメーカーが適応になります。

スポーツ選手で心拍数が少なくても自覚症状がない場合や、高齢で症状がない場合などは適応にならないことも。

看護師がSSSの観察で注意するべきこと

 

検査や治療方針についても知っておく必要があるんだけど、看護師に必要なことは観察点を逃さないことだと思います。

例えば、ここ数ヶ月で何回か失神することがあった。SSS疑いのひとが入院してきたとします。

あなたはまずどうしますか?(ここでイメージできていることがアセスメントにつながるよ!)

 

そしたら観察すべきことを上げていきますね。

・バイタルサインを測る

・病棟のモニターで観察できるように心電図を装着

・失神したときの状況やパターンはあるか確認

・失神する前兆があればナースコールするように説明

・失神する前兆があって立っているときは座るように説明

・ポーズが出現した時に何秒止まっていたか観察

・ポーズしていたときにすぐ患者の元へ行く

などなど…

ざっと上げただけでこんな感じです。(もっとあるかも?)

SSSで怖いことは、失神する可能性があること、そして倒れたときにぶつけてケガをする可能性があることです。

失神して頭を打つことも考えられますよね。

徐脈頻脈症候群で血液サラサラ系の内服をしていたら、頭部外傷での出血がこわいことが想像つくはず…。

心電図の観察だけじゃなく、患者の体を守るためのケアもしていきく必要があります。

 

SSSの心電図と看護のまとめ

SSSはペースメーカーの対象となる不整脈です。

VT(心室頻拍)やVT(心室細動)のように致死性不整脈ではないですが、心臓が一時的に止まっているので危険性は高いです。

繰り返しになるんだけど、看護師は心電図を理解して観察するだけじゃなくて、

患者の体をまもるためのケアをする必要があります。

失神して廊下で倒れこむことでケガする可能性を考えて、言葉がけをしたり、行動を観察していきましょう〜!

 

ということで、カサイチカでしたー!

 

ほかの心電図と看護についてはコチラの記事にまとめてます!👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です