【タスマニア観光スポット】綺麗な空気を全身で感じる Mount Field National Park【おすすめ】

はろー!chikaです。

タスマニア観光で自然を感じると言えば…?

Cradle mountainクレイドルマウンテン ですかね?

いやいやいや、まだあります!
大自然を全身で感じられるオススメのポイントがありますよ!!

今回はMount Field National Park マウントフィールド国立公園を紹介していきます。

Mount Field National Park

タスマニア最初の国立公園で1世紀以上前から自然愛好家から愛されているそう。
様々な植物や動物と出会えるほか、ラッセル滝が有名です。

場所

州都であるホバートから車で1時間走らせると到着するこの国立公園。

まずvisiter centerに向かいます。
車を走らせると

秋を感じる色の変化が!

駐車場はあまり大きくなく、道の横にあるスペースに何台か停まっていたのでそこに停めました。

チケット購入

Visiter centerで駐車券のチケットを購入します。
車で来ている場合$24払うと24時間使えるので次の日にも違う国立公園に行くこともできます。

国立公園ならどこでも使える駐車券は値段によって、使える期間も変わります。
少し高いけど、何回もいけるのはうれしい。

 

ハイキング

ゲートを抜けてスタート。

ラッセル滝を目指して歩いていくと、目に入るのが日本ではあまり見ない植物たち!
いや、オーストラリアではちょこちょこ見るけどね、やっぱり少しテンションがあがる。

たくさん苔があって、視界全体が緑に包まれる。
毎日スマホスマホマックスマホマックスマホ…って液晶を見続けている目を緑の癒し効果で休ませます。

そして、気づく

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”2.jpg” name=”chika”] え、ちょっと待って…空気めっちゃおいしくない…!?[/speech_bubble]

世界で一番空気がキレイと言われているタスマニアですが、
私のカンが当たれば、このマウンドフィールド国立公園が!ここが!
世界で一番空気がキレイな場所…

深呼吸超深めにしながら歩いて行くと10分くらいで滝の音が聞こえてくる。
そしてさらに進むと…

Russell falls ラッセル滝発見!思ったより大きくないが、キレイ。

最近のタスマニアは乾燥していたし、年齢的にとても肌の乾燥が気になるので長めに滝を見ながら全身で水分を取り込んだ。

実はここ、ラッセル滝を知ったのが「タスマニア公式インスタグラムアカウント」で、その載っていた写真がめちゃくちゃかっこよかったから同じ構図で撮ろうと思っていたのに。

なのに、柵があるから滝の近くに行けない。
行ったら完全に民度問われるヤツwwww

私たちの他にもたくさん人がいて柵を超えることはできないので、悲しみをぐっと胸に抱きつつ柵の内側でにっこり。

実際この柵があるので滝だけを撮るのが難しくて、さらには誰かが歩くと床が揺れるので三脚を使ってもシャッター時間を長くしたらブレてしまうという…。

滝は他にもあって、ハイキングコースに沿ってまた歩きます。

雨は降っていないのに地面が濡れているので泥はねに注意しながら進むといたるところに倒れている大木!!

生えている木の太さ、長さ、自然の迫力に驚きつつ、もうひとつの滝を目指します。

 

 

わりとすぐ別の滝を発見。

ここもラッセル滝と同様に柵がされているけど、人がいなかったのでゆっくり撮影したりと楽しめました。

他にもラッセル滝を上から見れるポイントまで階段で登れたり、ワラビーを間近で見れたりもできます。

 

まとめ

ゆっくり歩いていると3時間くらいハイキングを楽しめました。

もちろん有名な滝も素晴らしかったけど、私は生えている植物やコケ、澄んだ空気にイチコロ。

クレイドルマウンテンと比べると疲労度は少なく、お散歩程度のハイキングで子供もたくさん来ていました。
熱帯雨林に近い?と思うほど湿度を感じられて何回も深呼吸したくなる森です。

おまけ

以前買った国立公園用の駐車券をダッシュボードに置いておいたのに気付かれなくて車に戻ったら罰金$79.9の紙が置いておりました…ちーん。

visiter centerに行ってみたところ罰金は支払わなくていいことになったんだけど、まさかの期限切れで当日分の駐車場代を支払わないといけなかったっていう。

みなさん、パーキング代には気をつけましょう。

 

 

 

See you!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です