タイで咳が止まらない原因は大気汚染?看護師が判断した薬と受診のタイミング

 

ゴホッゴホッ!咳止まらないんだけど…!

どうもカサイチカです。

日本でも耳にするPM2.5

わたしは北海道に住んでたから、はっきり言って他人事だったんだけど、今回タイに2ヶ月住んでみてビックリ…!

大気汚染で喘息のように咳が止まらなくなったんです!!!

今まで喘息持ちだったわけじゃない。

いたって健康な体だったのに、まさかです。

 

いま深刻な問題にもなっている大気汚染、対処法、飲んだ薬、病院受診の流れを看護師の目線で書いていきますね!

短期の旅行でも絶対に予防策は必須です!

出来るだけ気をつけましょう〜!

タイで咳が止まらなくなりました

まず、わたしがタイに来て咳が止まらなくなったときのお話からスタートします。

もし薬のことや病院のことだけ知りたかったら、飛ばしても大丈夫です( ´ ▽ ` )ノ

 

2018年の11月から2019年の1月中旬まで、2ヶ月くらいバンコクにロングステイしてました。

(途中で10日間ベトナムに行ってたけど)

最初はとくに体の変化もなくて、空気がわるい実感すらなかったんです。

もちろんマスクもしてなかったし、何にも気をつけてなかった。

で、ベトナムから帰ってきてからちょっとしたら…咳が出るように。

とりあえずのその場しのぎでコンビニで薬を買ってももちろん効かなくてひどくなる一方。

4日くらい経ったときに友達と会う予定があって、お酒を飲んだらひどいことになりました。

咳とまらないし、気道ヒューヒュー言うし、眠れないし…。

看護師ならちょっとは考えろよって感じなんだけど、久しぶりに会う友達だったからテンション上がっちゃったんですよね。

自己管理できないやつ笑

で、翌日おもい腰を上げて病院に行きました…。

咳が止まらないから市販薬購入

咳が出るようになって、仕事も集中できないし、夜も眠れないのでまずはネットで調べました。

市販の咳止め薬で、セブンイレブンに売ってるのがあったので探しに行ってみました。

薬のコーナーですぐに発見。

なんとも意味不明なパッケージだけど、これが咳止めです。
(ネットではこのムカデパッケージが効果あるって書いてたんだよ!)

薬の効果については中国語でも書いてあったから、日本人でも意味はわかると思います。

とりあえずコレを飲む。

 

…が、治まらない。

わかってたけどさ、一応看護師だし?

根本治療しないと、ただ咳止め飲んだところで対して効果ないよね。笑

おいお前看護師だろふざけてんのか。

 

次の日、薬局に行きました。

Bootsという薬局は店舗も多くていろんなところにあるからよく行ってました!(お腹壊したときとか)

その薬局には薬剤師もいて、彼らは英語も話せるので症状を伝えるとお薬を処方してくれるよ。

わたしは、

  • 咳が止まらない
  • 熱、鼻水、喉痛はない
  • 痰はでない

ということを伝えたらコチラ👇を処方してくれたので購入。

1シート35バーツ 日本円にして120円。

やっす!!!

D-COATEというお薬で、日本でいうデキストロメトルファンでした。
(初耳の薬ですけどねぇ)

脳の中枢に作用して咳を止める効果があります。

 

ま、安くてもお酒飲んで激烈に悪化したから効果なかったんだけどね笑

とりあえずどんな薬でも欲しかったらBootsを調べれば割とちかくにあるはずなので使ってみてください。

夫が食あたりで高熱・下痢になったときの話はコチラ👇

タイで食あたりになったらこの薬!Ulutrracarbon(ウルトラカーボン)

咳が止まらないから病院へ

市販の薬を買っても、お酒の力で咳は悪化。のどもヒューヒュー言っちゃって

「ついに喘息なのか?」

と思って病院へ行きました。

というか、5日間も病院行かないで様子みるとか…

 

遅すぎ!!!!!笑

 

これを読んでくれているあなたは、せめて2~3日で病院に行きましょう
(お前が言うな)

咳が出るには原因があって、その原因に向かって治療しないと治まらないです。

風邪でもないのに咳が止まらないのは、必ず何か理由があるんですね。

咳止めはただの対処療法。

なので病院に行ってください(だからお前が言うな)

 

まぁ、なんで5日間も病院に行ってなかったかというと…

めんどくさかったんです!!(白目)

海外保険を使って受診したいから【保険に電話しないといけない=面倒】と思ってたんですね。

 

そしたら…

やっぱり面倒くさかった!!!!!!!笑

 

いや、ちゃんと管理してる人は面倒くさくないと思うんだけど、利用付帯の証明に手こずってしまったんです。
(そのクレジットカードで支払った領収書を捨てちゃってたので)

病院の受診だけならめちゃくちゃ簡単でした。

STEP.1
海外保険の会社へ電話連絡
症状と病院受診に行きたいことを伝える
STEP.2
利用付帯の証明
わたクレジットカードについている利用付帯で保険に入った場合は出国当日にカードを使った証明をします
STEP.3
タイの仲介業者(?)から電話がくる
行く病院の紹介をしてもらう(日本人)
STEP.4
病院へ受診
キャッシュレス受診なので診察料、薬代も払いません

海外保険の会社によって少し違うと思うんですけど、これは「楽天カードの利用付帯」の場合です。

 

受診した病院

受診した病院はコチラ。病院というかクリニックですね。

看板も日本語でわかりやすい。

 

場所

日本人がたくさん住んでるエリア(Asok駅周辺)にあります

ここのクリニックは受付は日本人の男性、看護師と医者はタイ人でした。

医者とのやりとりは受付にいる日本人男性が通訳してくれたので、本当に助かりました。

しかもめっちゃ親切…!超いい人でした。

 

診察結果

空気が悪いから咳が出ているね。まだ喘息までは悪くなってないから、アレルギーの薬を出しておきます。

ほう、思い返せば3年半位前に日本で春を過ごしたときもアレルギーで咳でた記憶があるなって思い出しました。

そのときはたぶん花粉だったけど。

ということで薬をもらったよ。

 

ほかにも鼻うがい、マスク、のど飴、喉スプレーも。

保険で全部タダだったので超助かりました!

 

ちなみに吸入もしてもらったよ。ありがたや〜

タイの大気汚染はすげぇ

咳が出るようになってから、とりあえずネットで「タイ 咳止まらない」「バンコク 咳」で調べたんですね。

そしたら「大気汚染」の文字が!!

ここでようやく大気汚染で咳が出ていることを知る…笑

 

タイの大気汚染がどれくらいやばいかと言うと…

「敏感な人にはよくない状態」って出てるくらいひどいです!

というか、むしろ119とかいい方。

わたしがチェックしてるときはいつも150~159くらい出てました。

119って初めてみた。笑

 

ちなみに、東京は30前後ですから(真顔)

東京ピュアかよって。

地元北海道だったら一桁くらいなんじゃないかと。笑

 

タイ人の奥さまがいる日本人の方に聞いたら

「空気清浄機置いてる?エアコンにフィルター付けてる?ダメだよやらないと!」

ってくらい言われました。

泊まってるのがAirbnbで借りてるホテルだから、空気清浄機もフィルターもなかったんですよね。

絶望的〜〜〜〜!

 

ここでバンコク市内の写真をみてもらいたいですけど…どうぞ!


(https://www.sankeibiz.jp/compliance/photos/180309/cpd1803090500001-p2.htmより)

しろ〜くガスっぽいのが大気汚染です。

と言っても、わたしはここまで白くなってるのは見たことないけど。

 

タイ人の友達も2016年はそうでもなかったけど、最近は本当にヒドイって言ってましたね。

地元民すらも言うほどなのか…。

タイで外出する時は必ずマスクを!

まず出来る対処法はマスクです。

とくに大気汚染レベルが高いときには必須ですね!

ちなみに大気汚染レベルはネットでもアプリでも簡単に見れますよ。

わたしがチェックしていたサイトはコチラ👈

 

そしてマスクは風邪用のマスクだとガンガン体内にPM2.5が入ってきちゃうので、しっかり顔を覆うものにしてください。

こんな感じです👇

目が怖いwww

このマスクはクリニックに受診したときに処方してもらったものです。

現地の人も同じようなものを付けているひとがいたけど、実際に売ってるところは見たことなかったからこれからタイに行く人は日本から持って行った方が安心ですね!

もうひとつは鼻うがい。

これも病院で処方されて初めてやったんだけど、想像以上にきもちいいです。

粘膜、副鼻空にいる悪いやつを流してしまう優れものですぜ!

マスクほど必須じゃないから、頭の片隅にでも置いといてください。

 

大気汚染はあるけど、でもタイは楽しいよ

こんなにマイナスなことばっかり書いてたら

「タイ行くのやめようかな…」

って思っちゃうかもしれないけど、タイはめちゃくちゃ楽しいですよ!!

とくに人が本当にやさしくて好き!!

みんな丁寧で、ニコニコしていて、心が穏やかになる…!

料理も美味しいし、安い。

めっちゃ都会なのに、一本入ればかなりローカルな世界に行ける。

最低限の予防をして、ぜひ楽しんでください!

 

ということでカサイチカでしたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です