\\看護師派遣のバイトに行ってみた体験談…!//

コミュ障な新人看護師でも大丈夫!患者の拒否をイエスに変える伝え方を伝授。

どうも~看護師バックパッカーのカサイチカ@chi___zです

看護師になりたい、看護師になったけど……

そんな人いませんか?

看護師の仕事ってずーーっと患者やスタッフ、ほかの職種とコミュニケーションを取り続けますよね。

ケアをしたいのに患者から拒否されて、どうやって受け入れてもらったらいいかわからない…

そんな風に悩んでませんか?

ほかの仕事もあるから急ぎたいし、拒否されると焦っちゃいますよね。

患者とうまくコミュニケーションをとりたい、スムーズにケアしたいというひとに必要なことは「伝え方」です。

この記事では相手が受け入れてくれる伝え方を説明していきます。

コミュ障の看護師がイエスと言ってもらう3つのステップ

1、自分の頭の中をそのまま言葉にしない

患者さんに拒否されたとき、あなたの頭の中はこんな感じになってないですか?

これは、全っ然好きじゃない男の子に断ってるのに強引に付き合って欲しいって言われてるのと同じ。笑

思いをストレートに伝えても、いかないこともあるこの世の中。

拒否されたり、反応がわるかったら伝え方を変える必要があります!

2、相手の頭の中を想像する

ストレートに伝えるのをグッとこらえて、相手の頭の中を考えてみよう!

どんな性格かな?頑固か、面倒くさがりか。

それとも、不安なのか。

相手は今どんなことを考えているのか想像してみてください。

3、相手のメリットを引き出してお願いする。

自分だけの目線で考えるんじゃなく、相手の求めているもの、考えていることを主体にして提案してみる!

そうすると、相手は断る理由が減ります。

イエス!ともいかないけど、ノーでもない…ってとこまで持っていけばOKです。

 

コミュ障の看護師に必要な7つのポイント

いまの3つのステップも、慣れるまでは相手が何を考えてるんだろうって想像するのは難しいですよね。

でも、ちょっとしたポイントを抑えれば簡単だし、スムーズに提案していけるようになりますよ!

1、相手のすきなこと

歯磨きしましょう〜

イヤじゃ。めんどくさい

口の中が汚いと味が感じにくくなっちゃうので磨きませんか?もう少しで楽しみにしてたお食事の時間ですよ。

相手のすきなものを組み合わせて伝えることで、相手のメリットになることが伝わります!

お願いする技術のなかでは簡単で使いやすいから覚えておいてね!

2、選んでもらう

パジャマ変えませんんか〜?

イヤじゃ。めんどくさい

本当はいま着替えて欲しいんだけど、きょうの午後か明日のお風呂の時ならどっちがいいですか?

2つ以上で選べる状況ができると答えやすくなるので、結果的にイエスと応えてくれるよ!

3、認められたい、かっこつけたい

ヒゲ伸びてるから剃りませんか〜?

イヤじゃ。めんどくさい

このまえヒゲ剃ってたときステキでしたよ〜!またステキな顔みたいな〜

認めている言葉を最初に伝えるとノーと言いにくい状況になります。年齢関係ないので高齢の方にもgoodです!

4、あなた限定なの

レクリエーション行きませんか?

イヤじゃ。めんどくさい

◯◯さんが来てくれるといつも盛り上がるから来て欲しいです〜

「あなただけ」「あなたにしか」という特別感があると相手の期待に応えたくなります!

5、チームワーク

カラダ動かしに行きませんか?

イヤじゃ。めんどくさい。

お隣のベッドの◯◯さんも一緒なので、3人でリハビリ室向かいましょう!

自分や他の人を巻き込んでチームにすると、ノーと言いにくくなります。

ちょっと面倒くさいな〜と思っても断りにくくする方法!

6、嫌いなこと回避

リハビリにいきましょう

イヤじゃ。めんどくさい。

ずっとベッドに寝てると息しずらいけど、車椅子に乗って起き上がると呼吸しやすいですよ!

イエスと言ってもらうために、相手の嫌いなこと、ツライことを出して説明する方法!

相手がメリットと感じられることを伝えて、結果イエスと言ってもらいやすい。

7、感謝

またトイレ行く時はナースコールしてくださいね

もうイヤじゃ。めんどくさい。

でも今も押してくれましたよね。いつもありがとうございます。

人は感謝されるとノーと言いにくいです。頼みごととお礼を一緒に言ってみるといいですよ!

看護師に大切なのは伝え方

最初にも話した通り、看護師の仕事は患者ともスタッフともコミュニケーションが大切!

そして、伝え方。

患者との会話ではこんな風にうまくいくことは少ないかもしれないけど、慣れていくとどんどん話せるようになりますよ!

逆にこわい先輩と話すよりも気楽かもしれない…笑

例みたくスムーズにいったら苦労はしないけど、伝え方の技術はゲットできるものだから意識してみてね!

 

【おまけ】コミュ障看護師が先輩と話すときに必要なこと

例に出したのは患者と看護師の会話だったけど、もっちろんスタッフとの会話でも大切です。

忙しい仕事中に何か頼んだり相談するときこそ伝え方が大切になります。

とくに新人の時期は先輩に教えてもらうことが多いですよね。

先輩から指導してもらったときも

「はい…」

「大丈夫です」

「わかりました」

という返事だけだと、教える側の人間はけっこう困っちゃいます…。

一番こわいことが

「どこからどこまで理解しているのか、わからない」ことです。

 

わからないことを一人で判断してしまうと、取り返しのつかないことが起きるかもしれないので

最低でも「ここまではわかった。ここは理解できなかった」ことを伝えるようにしてみてください。

そうするとフォローする側の先輩もすごく助かります。

 

ここで話した内容は「まんがでわかる 伝え方が9割」という本を参考に書きました。

もっと詳しく知りたい方はぜひポチってみてね!!

漫画だからめっちゃわかりやすいよ〜!!!

それでは、カサイチカ@chi___zでしたー!

   続きを読んでみる▶︎      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です